女子テニスのボルボ・カー・オープン(アメリカ/チャールストン、クレー、WTA500)は7日、シングルス2回戦が行われ、世界ランク162位の奈良くるみが同168位のW・オスイグウェ(アメリカ)を6-1,6-4のストレートで破り、今季ツアー初のベスト16進出を果たした。
>>【YouTube】ラケット選びの極意Part1、面の大きさ・フレーム厚・重さ・形状から選定<ウインザー池袋店】 Tennis Racket<<
本来は2回戦で第9シードのM・ボンドロウソワ(チェコ)と顔を合わせる予定だったが、ボンドロウソワが棄権したため急遽オスイグウェと対戦することとなった奈良。この試合では6度のブレークチャンスをオスイグウェに与えたものの、1度のブレークに抑える。リターンゲームでは4度のブレークに成功し1時間24分で勝利した。
今大会が今シーズン初のツアー本戦となった奈良は、ベスト8進出をかけて3回戦で第15シードのV・クデルメトバ(ロシア)と対戦する。クデルメトバは2回戦で世界ランク481位のE・ナヴァーロ(アメリカ)をストレートで下しての勝ち上がり。
同日には第12シードのO・ジャバー(チュニジア)や第14シードのC・ガウフ(アメリカ)らが2回戦を突破したものの、第2シードのS・ケニン(アメリカ)、第5シードのB・ベンチッチ(スイス)、第7シードのE・メルテンス(ベルギー)が敗れる波乱の展開となっている。
[PR]男子テニスATPツアーマスターズ1000 モンテカルロ
4/11(日)~4/18(日)
WOWOWオンデマンドで配信!

■放送&配信スケジュールはこちら>