フィギュアスケートの平昌五輪銀メダリスト・宇野昌磨がプレミアム音声サービス「NowVoice(ナウボイス)」を更新し、4回転ループを跳ばなくなった理由を明かした。

■「自分の短所と4ループ」の音声は【こちら】から。この投稿は3月7日午前8時まで無料で聴くことができます。

宇野は2018年の平昌五輪が終わってから、4回転ループを演技に組み込んでいない。その理由について「僕がやらなくなっただけだと思う方が多いですけど、普通に跳べないんですよね。4回転ループって踏み切りですっぽ抜けることが多くて、それがトラウマというか恐さに繋がってやらなくなることが多いですけど、僕がまさにそう」と告白をした。

サルコーが上達してきてからはループを無理に跳ぶ必要性を感じなくなり、2年以上練習をしないでいると全く跳べなくなってしまったという。再びループに向き合うようになったのは最近。「サルコー、フリップ、トーループで満足していた自分がいたんですけど、もうちょっと上手くなりたいなと思ったのでループを再開していますが、成功率は0パーセントです」と長い道のりの途上にいることを明かした。

「6つあるジャンプの中で、唯一ループだけは綺麗だなと思えるジャンプ。僕も自分のループが好きではあるんですけど、跳べないんですよね、なかなか」と苦悩を滲ませるが、「試合で見られるのはまだまだ先になると思うんですけど、楽しみに待っていてください」と挑戦を続けることを決意していた。

■「NowVoice」について
「NowVoice」は、世の中に強い影響力を持つ、アスリートをはじめとした各界のトップランナーの音声が、月額980円(税込)で聴き放題となる定額制のプレミアム音声サービスです。トップランナーの「声」は、何気ない一言でもヒトの人生を変える力があります。トップランナーたちの本音の「声」を直接ユーザーに届けることで、人生をより楽しく、元気に、幸せにする「きっかけ」の創出を目指しています。

サービスURL:https://voice.nowdo.net