2月21日、ニュージーランド・オークランドで開催されたプラダカップはルナロッサ・プラダ・ピレリチーム(伊)がイネオスチームUK(英)を7勝1敗で破り、プラダカップ優勝、そしてアメリカズカップ進出を決めました。(BHM編集部)

ルナロッサがプラダカップ優勝。イタリアのアメリカズカップ進出は2000年大会以来です

 10〜15ノットの軽風が拭くオークランド・ハウラギ湾。大会4日目におこなわれた第7、8レースともにプレスタートは果敢に攻めるイネオス有利で先手を取りました。しかし、第7レースではバウンダリー直前の同時タックからイネオスがルナロッサからの乱れた風を受けて失速。先行を許してしまいます。

 第8レースではリコールしたルナロッサがペナルティを持ってはじましましたが、ライトウインドを得意とするルナロッサがアップウインドのボートスピード差から逆転。両レースとも第1レグの前半までにルナロッサが逆転し、そのリードを広げてフィニッシュするという展開でした。

 プラダカップに勝利したルナロッサは3月6日からはじまるアメリカズカップへ挑戦艇代表として出場し、防衛艇となるエミレーツ・チームニュージーランドとカップを掛けて戦います。

プラダカップ 決勝 第7レース
○Luna Rossa Prada Pirell
●INEOS TEAM UK
Start: 1615
Port: GBR
Stbd: ITA
Course: A
Axis: 037
Length: 1.95nm
Current: 0.2 knots @ 007
Winner Luna Rossa Prada Pirelli – 1:45

プラダカップ 決勝 第8レース
○Luna Rossa Prada Pirell
●INEOS TEAM UK
Start: 1715
Port: ITA
Stbd: GBR
Course: 6
Axis: 030
Length: 1.85nm
Current: 0.3 knots @ 007
Wind: 12knots – 025 degrees

プラダカップからアメリカズカップまで成績・対戦表
プラダカップ決勝4日目ライブ中継(アーカイブ)