ユース世代各カテゴリーのボルダリング王者を決める、第6回ボルダリングユース日本選手権が明日21日から23日までの3日間、東京都葛飾区で開催される。

 若手選手たちの登竜門であるユース日本選手権は、5月に鳥取県倉吉市での開催が予定されていたが、新型コロナウイルスの影響で延期されていた。会場は今年6月にスポーツクライミング3種目の壁を備える施設としてオープンした「葛飾区東金町運動場 スポーツクライミングセンター」。

 21日と22日に行われる予選では、8課題をコンテスト方式で登り、各カテゴリーの上位6選手が23日の決勝に進出。W杯決勝方式による3課題で優勝を争う。新型コロナウイルス感染防止対策として、関係者・選手帯同者1名を除き、入場は認められない。全ラウンドはJMSCA(日本山岳・スポーツクライミング協会)のYouTube公式チャンネルでライブ配信される。

第6回ボルダリングユース日本選手権葛飾大会

会場

葛飾区東金町運動場 スポーツクライミングセンター
(東京都葛飾区東金町8-31-1)

スケジュール

11月21日(土)
[予選]
09:00 ~ 10:15/女子ユースC
12:05 ~ 13:20/男子ユースC
15:10 ~ 16:15/女子ユースB
18:05 ~ 19:20/男子ユースB

11月22日(日)
[予選]
09:00 ~ 10:15/女子ユースA・女子ジュニア
12:05 ~ 13:20/男子ユースA
15:10 ~ 16:10/男子ジュニア

11月23日(月・祝)
[決勝]
08:45 ~ 10:05/男女ユースC
11:20 ~ 12:40/男女ユースB
13:55 ~ 15:15/男女ユースA
15:40 ~ 17:00/男女ジュニア

※スケジュールは予告なく変更される場合がございます。予めご了承ください。

放映予定

11月21日(土)/予選1日目
11月22日(日)/予選2日目
11月23日(月・祝)/決勝
12月09日(水)18:00 ~ 19:00(男子決勝)
12月20日(日)18:00 ~ 19:00(女子決勝)

CREDITS

編集部 /

写真

窪田亮