宮城県仙台市で今月1日、スクールに特化した「ボルダリング教室 ボルズ」がオープンした。

 「スクール」と「初心者の体験」をメインに据えているこの新店舗は、一般的なボルダリングジムよりも壁の高さを低く、広さをコンパクトにし、さらに長時間利用プランやフリーパスなどの料金設定をしないことで、怪我のリスクが低く、初心者中心でスタッフの目が行き届く環境を実現。同ジムは「従来のジムでよく見られた『敷居の高さ』『子ども・初心者の不安感』を大幅に取り除くことができる」としている。

 同じ宮城野区にある本店の「BOLZ」には現在80名を超える生徒が通っているといい、その指導内容には自信あり。実践しながら練り上げてきたノウハウを生かす形で、スクール専門の新店舗オープンに至った。



 スクールで用意したプログラムは「園児コース」「小学生コース」「中高生コース」「ママベビコース」「レッスンプラス」の5つ。それぞれレッスン内容を変えており、各年代に合わせた指導を行う。「楽しみながら乗り越えよう」がモットーの小学生コースでは、登るだけでなく、専用ノートを用いてボルダリングを学ぶ時間を取り入れている。実技の時間は目いっぱい登ってもらい、技術とともにボルダリングの楽しさをレクチャーしていく。

 子育て中のママに向けた「ママベビコース」は、幼児を連れて運動ができる施設が少ない状況を鑑みて、子ども連れでもしっかり運動できるようにと立ち上げた。すでに複数名が入校しているといい、この先が楽しみなスクールプランだ。



 ほかにも初心者・未経験者向けに無料で40分のボルダリング体験ができるプランも用意している。「自分にできるのかどうか、子どもが楽しめるのかどうか、やってみないとわからない」という声がとても多かったために導入を決めたそうで、はやくも好評を博しているという。

 これまでのクライミングジムとは異なる内容・料金プランでの運営を開始した同店の今後に注目だ。

CREDITS

取材・文

編集部