10月18日、各地でBリーグ第3節第2戦が行われ、新潟アルビレックスBBは滋賀レイクスターズと対戦した。

 序盤から滋賀が攻勢を強め、開始1分36秒で5-0とランを見せる。しかし、その後新潟もじりじりと詰め寄って10-9と逆転に成功するが、ジョナサン・オクテウスが相手DFをかき回してスコアを重ね、10-19と滋賀のリードへ第2クォーターへ。続く第2クォーターも滋賀が勢いそのままに攻め立て、一時13-26とダブルスコアまで広げる。新潟もリチャード・ヘンドリックスやロスコ・アレンを中心に反撃するが10点差前後の得点差は変わらず、28-41で試合を折り返す。

 前半リードを許した新潟だったが、第3クォーターはヘンドリックス、アレンが得点を重ねて残り2分に49-50と1点差まで追い詰める。リードチェンジを繰り返す中、第4クォーター残り26秒の時点で80-80の同点に。滋賀のスローインから狩俣昌也がスリーポイントシュートを放つも決まらず、リバウンドを取った新潟が速攻からアレンが攻め込むがこちらも決まらない。結局80-80からスコアは動かず、延長戦へと突入する。

 運命の延長戦、滋賀のジョーダン・ハミルトンがスリーポイントシュートを沈めて先手を奪うが、新潟もヘンドリックスがバスケットカウントを獲得し、3点プレーを完結させる。ここからはお互いにスリーポイントシュートを決める展開となり、残り50.4秒にハミルトンがまたもやスリーポイントシュートを決め、88-94と大きなリードを奪う。新潟も林翔太郎がスリーポイントシュートを返して追いすがるが、滋賀がリードを広げ続け、93-99で滋賀が勝利。滋賀が延長戦をモノにし、今シーズン2勝目を挙げた。

■試合結果

新潟アルビレックスBB 滋賀レイクスターズ(@新潟市東総合スポーツセンター)

新潟|10|18|25|27|13|=93

滋賀|19|22|13|26|19|=99