野球ファンは、東都大学野球を「戦国」と表現する。各校の実力が拮抗しており、大学球界トップレベルともいえるからだ。
毎年のようにスターも誕生していて、プロ野球で活躍する選手も多い。現在、絶賛熱戦中の“戦国東都”秋季リーグ戦で大車輪の活躍を見せている選手にピックアップし、プロのスカウトも惚れ惚れする魅力を紹介する。
秋季リーグ戦も残り2戦。優勝へと導くキーマンの姿は見逃し厳禁だ。

《五十幡亮汰》
五十幡の魅力はなんといっても『脚』。全日本中学選手権で100mと200mを制し、男子100m日本記録保持者のサニブラウンにも勝った男である。50m5秒6の快速を活かした守りもハイレベルで、脚力と守備力は既にプロレベル。中大では1年春からレギュラーに定着し、昨秋は2度目のベストナインに輝き、リーグ優勝にも大きく貢献した。

東都大学野球秋季リーグ戦(1部リーグ全試合)をスポーツブル内の特設ページ(https://sportsbull.jp/live/tohto/)で無料ライブ配信!