野球ファンは、東都大学野球を「戦国」と表現する。各校の実力が拮抗しており、大学球界トップレベルともいえるからだ。

絶賛熱戦中の“戦国東都”秋季リーグ戦。前半戦を終え、後半戦に向けて一段と気合が入る。果たして、優勝する大学はどこなのか?
大一番を前に1部リーグ所属大学の主将たちに、各大学の“スゴイ”伝統を紹介してもらった。中には厳しい伝統もあり、「坊主頭にならないようにしていた」「柱を超えたら集合をかけられる」などと思わず、本音などを漏らすこともあったが、今があるのもそれを乗り越えたからこそのこと。戦国東都の真の強さを支える裏側が垣間見えた。

中央大学:牧秀悟主将
亜細亜大学:矢野雅哉主将
國學院大学:小川龍成主将
立正大学:高橋翔大主将
東洋大学:山﨑基輝主将
駒澤大学:若林楽人主将

東都大学野球秋季リーグ戦(1部リーグ全試合)をスポーツブル内の特設ページ(https://sportsbull.jp/live/tohto/)で無料ライブ配信!