クライマックスシリーズ・ファイナルステージ第5戦で、日本球界の記録を更新する165キロを叩きだした大谷翔平。リリーフでの登板とはいえ、常時160キロを超えるスピードでソフトバンク打線を封じ、規格外の投球を見せた。大谷のストレートの平均球速は入団以来順調に伸び続けていて、2016年9月には平均157.8キロに到達した。積極的なウエイトトレーニングなどの成果もあって身体の厚みを増し、ここまでのスピードアップに貢献しているとみられる。
また、一部から「スピードのわりに空振りが取れない」との指摘を受けることもある大谷のストレートだが、データの上では球速が出ている時の方が空振りを奪う確率は高まる。160キロ以上のボールは16.1%の割合で空振りを記録。NPBのストレート奪空振り率の平均値が例年6%前後であることを考えれば、球速と同様にやはり破格のボールであると言える。
打撃面の進化も著しい。ここまで通算40本塁打を放っているが、2016年だけで過半数となる22本塁打を記録。特に故障の影響もあって打者に専念した8月は、月間7本塁打を放って「打者・大谷」の存在感を世間に強く印象付けた。パワーヒッターによく見られる引っ張り一辺倒の強引なスイングではなく、センターやレフト方向にも柵越えできる技術を持ち合わせていることも大谷の稀有な魅力となっている。

文:データスタジアム 
グラフィックデザイン:相河俊介