明大が集中打で逆転し、、9対3で立大に勝利した。

代打で勝ち越しタイムリーを打った明大・村松

2点を先制された直後の2回、1死二、三塁から中村奎太(2年・日大三)のタイムリーで1点を返す。そして4回、2四球と野選で無死満塁とチャンスを広げると、再び中村の内野ゴロで同点とする。なおも1死一、三塁と続くチャンスに村松開人(2年・静岡)が代打起用される。「なかなか期待に応えられずにいたので、今日こそはという気持ちで打席に入りました」という村松が、レフトの頭を超える2点タイムリー二塁打を放ち、勝ち越しに成功。この回、さらにタイムリー内野安打にエラーが絡み2点を追加。一挙5得点でリードを広げた。
その後なかなか追加点が奪えなかったが、7回に中村がこの日3安打目となるタイムリー二塁打などで3点を奪い、立大を突き放した。

先発した髙橋聖人(3年・小諸商)は序盤こそ制球に苦しんでいたが、4回には三者凡退に打ち取り落ち着きを取り戻したように見えた5回、無死一塁から打球が右手に直撃し、降板となった。アクシデントによる緊急登板となった西城愁太(3年・東北学院)は、立大4番・三井健右(4年・大阪桐蔭)を併殺打に打ち取ると、次打者も抑えて見事に切り抜けた。

緊急登板となった明大・西城は好救援で嬉しい大学初勝利

立大は2回、冨永魁(4年・桐蔭学園)の2点タイムリーで先制し幸先のいいスタートを切ったが、先発した中﨑響介(4年・立教新座)が4回途中〇安打〇四球と崩れてしまった。1点を返した直後の7回は、前日先発の中川颯(4年・桐光学園)が登板。だが1本塁打を含む3安打を浴び、2/3回で降板となった。

試合後、立大・溝口智成監督は「ディフェンス面で2日連続9失点ですからどうしようもないなという感じですね。特に先発ピッチャーが粘り切れなくて、いい先制をしているんですけど、四球でやられるという。あと守備の乱れですね。9点取られれば厳しい。投手陣がちゃんとゲームを作らなければ厳しいと思います。あと中﨑と中川の4年生コンビですね。この2人を(次カードまで)日数は少ないですが、立ち直らせないとなと思います」

■立教大vs明治大
立大 020 000 100=3
明大 010 500 30X=9
【立】●中﨑、栗尾、池田陽、中川、宮海-竹葉、片山
【明】髙橋、〇西城、磯村、渡部翔-植田
本塁打:明治大・藤江《7回ソロ》

◎明治大・田中武宏監督
「3時間を超えて皆さんには申し訳ないですけど、こういう戦い方というのがうちの持ち味ですから、選手には『しつこく長くやろう』ということを言っているのでその通りになったんですけど、皆さんには大変申し訳ないと思います。高橋はあの回は投げさせるつもりだったんですけど、当たったのが利き腕で、本人は投げられるといったのですが、トレーナーとも相談をして本人の了承のもと西城に替えました。西城はしっかり準備してくれましたし、ランナーをためてということもなく落ち着いてやってくれたと思います」

◎明治大・西城愁太(3年・東北学院)
「どんな場面でも行けるように準備してくれと監督に言われていて、あの場面ではキャプテンをはじめとして内野の方々が声をかけてくれたので思い切って投げることができました。(初勝利について)みんなでつないでみんなで打って守ってもらった1勝なので、嬉しいです」