岩場でのクライミングを中心に活動している野村真一郎、村井隆一、島谷尚季の3人が岩場クライマーチーム「ROKDO」を結成。25日にInstagramの公式アカウントを開設した。

 スポーツクライミング日本代表歴もある3人がトリオを組んだ目的は「岩場の文化を今よりもっと日本に浸透させる」こと。「現在、日本でのクライミングシーンはコンペやインドアにフォーカスされがちですが、普段アウトドアをメインに活動している自分たちには、この分野の魅力も深めていきたいという共通認識がありました」と話すのはメンバーの一員である野村。「個人よりチームで活動したほうが、より盛り上がるのでは」という考えもあり、今回のチーム結成に至った。

 元々は岩のプロフェッショナルである村井と野村の2人で活動していく予定だったというが、「ここ最近、外岩でめざましい成果をあげている島谷が加入することでメンバー同士の刺激も強くなり、より印象強いチームになるのではないか。今後のクライマーとしての在り方の方向性がほぼ共通していたことも決め手になりました」と、この3人での立ち上げの理由を明かした。

 チーム名の「ROKDO」は「六道」という言葉に由来する。「六(ROKU)には『六段』や『V16』『ROCK』などに通ずる特別な意味合いがあります。また六道という6つの世界観の模式に車輪が使われており、自分たちの思い入れがあるスイスの課題『Off The Wagon』の車輪を彷彿させるという点でもフィットしていると感じました」。

 これからの活動として、国内外の岩場を巡るロックツアーや、岩場でのボルダリングイベント、島谷が1ヶ月のサバイバル生活を送る「島谷尚季Survival Rock Trip」などを予定。彼らの動向は、以下のInstagram公式アカウントのほか、今後開設される公式サイトからチェックできる。

CREDITS

取材・文

編集部 /

写真提供

野村真一郎