「高校野球は日本社会の縮図」海外へ向けた映画で甲子園を題材とした理由

 コロナ禍で戦後初めて夏の甲子園大会が中止となった今年、海外からの視点で日本の高校野球を捉え、米TV局「ESPN」でも放送されたドキュメンタリー映画『甲子園:フィールド・オブ・ドリームス』が全国の映画館で順次公開となっている。製作した山崎エマ監督はイギリス人を父に持ち、インターナショナルスクールを卒業後、9年間ニューヨークに留学した経歴の持ち主。どんな思いで高校野球を題材に選んだのか。山崎監督に聞いた。

 当初、日本独特の文化を何かの形で世界に紹介したいと思っていた山崎監督。日本とアメリカを行き来していた2017年の夏、テレビを通じてあらためて日本文化としての高校野球の大きさに気づいたという。

「日本にいたときは当たり前だったことが、海外に行って初めてその良さを再認識するようになりました。決まった時間に電車がきて、みんな並んで順番を守る、自分のことは自分でやる、他者への一定の配慮がある。それって世界ではまったく当たり前ではないこと。学生の部活動も、人間教育の一環という考え方は海外にはない。高校野球でも靴やヘルメットをきちんと並べたり、身の回りのことを自分でやったり、控え選手がレギュラーのために献身したり……。ああ、高校野球って日本社会の縮図だなと」

 撮影を始めたのは2年前の2018年。第100回記念大会に臨む横浜隼人、花巻東の2校に密着し、横浜隼人の水谷哲也監督とその息子で花巻東に進学した公省選手、花巻東の佐々木洋監督を中心としながら、その他多くの選手にもスポットを当てた群像劇となっている。

「池田高校の蔦監督のお孫さんが映画監督という縁で、徳島出身の水谷監督を紹介していただきました。一方で、アメリカで放送する以上はメジャーリーガーとも縁のある高校をと思っていたところで、水谷監督が大谷翔平選手や菊池雄星投手を輩出した花巻東の佐々木監督の恩師であること、水谷監督の息子さんがその春から花巻東に進学することが後々わかった。とはいえ、甲子園が題材である以上、両校が地方大会を勝ち進むかどうかはわからない。試合結果や状況によってはまったく別の選手を取り上げたり、全然別の作品になっていたかもしれません」

蔦監督から大谷翔平まで、高校野球に受け継がれるレガシーとは

 全編を通じて高校野球がたどってきた歴史や関係者の人間的な苦悩、その現実をありのまま紹介している同作品。終盤には甲子園中継に熱中症の注意喚起のテロップが流れる実際のテレビ映像なども挿入、今の高校野球に横たわる問題にも焦点を当てている。それは、古いものを残しながらも変わっていく高校野球の瞬間を捉えたかったからだという。

「あの中継映像は高校野球が変わっていく中だからこその矛盾で、客観的な目でそこは入れたかった。あの夏のあの時の空気感を、なるべく手を加えずにそのまま伝えたつもりです。日本社会も、高校野球も、今までのやり方だけでは立ち行かなくなってきている。蔦監督の時代は高校野球の在り方ってそんなに多くはなかったと思うんですが、今は水谷監督のように蔦監督の教えを受け継いでいる指導者、佐々木監督のように先進的なスポーツサイエンスを取り入れている指導者、いろんな環境が選択できるようになってきている。そのお二人も師弟関係で、佐々木監督から菊池選手、大谷選手まで受け継がれているものもある。前の世代の良いところと悪いところを見極めて、伝えるものは伝え、変わるところは変わらなきゃいけない時期に来ているのかなと」

 日本の高校野球に対して、米球界からの批判的な声は多い。数年前には甲子園での投手の球数問題がセンセーショナルに報じられた。だが、それは高校野球の一面しか知られていないからだと山崎監督は言う。

「高校野球に限らず、日本って海外から見ると『スシ! ニンジャ! サムライ!』みたいに、まだまだ謎な部分が多い。みんな黙々と働いて、感情を表に出さないみたいなイメージが先行して、その背景とか全体像はほとんど知られていない。高校野球も球数問題や坊主頭という部分だけが報じられて、松坂大輔選手や田中将大選手が怪我をしたときも『日本の高校野球のせいじゃないのか』と言われたり。それだけに映画の反響は大きかったですね。『日本人の大の大人も、泣いたり怒ったりするんですね』と。MLBでもプレーされた川崎宗則さんがこの映画を大変気に入ってくださって、日本に行くメジャーリーガーは絶対に見るべきだ、MLBの選手が日本に来たときに、そのルーツが少しは理解できるからと言っていただけました」

 今回、甲子園が中止となったタイミングでの日本公開については、大きな意味を感じている。「甲子園のない夏に、あらためて高校野球の良さを感じてもらいたい。一度途絶えて、甲子園というものが当たり前ではなくなって初めて、それがやっぱり大切なものだったと考えてもらえる機会になれば」。この作品を機に、変わりゆく高校野球のなかでも、変えてはいけないものを考えていきたい。(佐藤佑輔 / Yusuke Sato)