新型コロナウイルスの影響で延期が続いていた2020年のクライミングW杯が21・22日、フランス・ブリアンソンでついに幕を開け、実施されたリード種目で女子はイタリアの19歳、ローラ・ロゴラが初優勝し、男子はチェコのアダム・オンドラが1位に輝いた。

 今大会は、世界的に続く新型コロナウイルス感染拡大の状況を鑑みて日本が選手の派遣を取りやめたほか、韓国、中国なども不参加となり、出場選手の大半は欧州勢が占めることとなった。また、競技中以外のマスク着用など感染拡大防止策が講じられたうえで実施された。



 女子の頂点に立ったのは、先月にスペインの岩場で女性2人目の5.15b完登者となったばかりのロゴラ。予選、準決勝を首位で通過すると、決勝も最後まで登り切って1位を死守。同じく決勝で完登したヤンヤ・ガンブレット(スロベニア)をカウントバックで退け、W杯参戦4年目での初表彰台を金メダルで飾った。3位には地元フランスのファニー・ジベールが入り、リードW杯初のメダル獲得となった。

 男子では、決勝で最後に登場したオンドラがこのラウンド初の完登者となり、こちらも予選から続いた首位を譲らず。久々のW杯に集まった観衆を沸かせた。2位は2年ぶりの表彰台となったドメン・スコフィッチ(スロベニア)、3位はヤコブ・シューベルト(オーストリア)だった。

 閉幕式では6月に悲劇の事故で亡くなったフランス代表ルース・ドゥアディの家族らが登壇。16歳でこの世を去った彼女への追悼を捧げたほか、癌撲滅・対策研究費のチャリティー活動を行っているクライマーによる慈善団体「CAC(Climbers Against Cancer)」へ同家族から7,500ユーロが寄付されることが発表された。

<決勝>

[男子]
1位:アダム・オンドラ(CZE)/TOP
2位:ドメン・スコフィッチ(SLO)/41
3位:ヤコブ・シューベルト(AUT)/38+
4位:ルカ・ポトカ(SLO)/30
5位:アレクサンダー・メゴス(GER)/27
6位:マティアス・ポッシュ(AUT)/26
7位:メジディ・シャールック(FRA)/25+
8位:ナオ・モンショワ(FRA)/25+

[女子]
1位:ローラ・ロゴラ(ITA)/TOP
2位:ヤンヤ・ガンブレット(SLO)/TOP
3位:ファニー・ジベール(FRA)/42
4位:ジェシカ・ピルツ(AUT)/41+
5位:ヴィータ・ルーカン(SLO)/39+
6位:ティヤサ・カラン(SLO)/39+
7位:ニーナ・アルソー(FRA)/34+
8位:ジョルジア・テシオ(ITA)/30+
9位:ルシージャ・タルカス(SLO)/24+

※左から氏名、所属国、決勝成績(到達高度)
※同高度の場合は前ラウンドの成績を適用するカウントバックで順位を決定

CREDITS

編集部 /

写真

© 2020 Jan Virt/IFSC