フィギュアスケートの平昌五輪銀メダリスト・宇野昌磨は7月20日、音声サービス「NowVoice(ナウボイス)」を更新し、自動車免許取得の“苦悩”を明かした。

■「自動車学校の思い出」の音声は【こちら】から。 

弟の樹との対談形式でトークを展開。最近2人で自動車教習所に通っているといい、「21日が試験だが、本当に勉強していないのでやばい」と口を揃えた。仮免許はなんとか合格したものの、「免許を取るのは思っていたより大変で合格ラインが厳しい」と宇野が漏らすと、樹は「授業が多かった」と返した。いずれも学科に苦労しているらしく、「今運転している人は、これだけレベルが高いものに受かっているということなので全員すごい」と強調していた。
宇野が授業でいつも寝そうになっているエピソードを紹介すると、樹が間髪入れずに「寝ているじゃん」と突っ込み、音声でも仲の良さを“アピール”。最後には「2人とも免許を取れたら、事故ないようにしたい」と意気込んだ。

■「NowVoice」について
「NowVoice」は、世の中に強い影響力を持つ、アスリートをはじめとした各界のトップランナーの音声が、月額990円(税込)で聴き放題となる定額制のプレミアム音声サービスです。トップランナーの「声」は、何気ない一言でもヒトの人生を変える力があります。トップランナーたちの本音の「声」を直接ユーザーに届けることで、人生をより楽しく、元気に、幸せにする「きっかけ」の創出を目指しています。

サービスURL:https://voice.nowdo.net