1度は弾いたゴロをすぐさまリカバリーした今宮の美技

 数々の美技を披露する球界屈指の名手として知られるソフトバンクの今宮健太内野手。28日の西武戦で見せた瞬時の好プレーと、その後に見せた仕草がファンの注目を呼んでいる。

 3-3の同点で迎えた6回だった。無死一塁で西武中村が二保から放った打球は痛烈なゴロとなり、今宮の右を襲った。ハーフバウンドに対してグラブを出した今宮だったが、グラブの土手付近に当たり、キャッチできず。だが、ここからが凄まじかった。

 空中に弾んだボールを右手でベアハンドキャッチ。そのまますぐに握り直すと、もの凄い早さで二塁へ転送した。一塁走者を封殺すると、二塁の牧原も素早く一塁へ送り併殺を完成させた。危うくエラーとなりかねなかっただけに、今宮はプレーの後には舌をペロリと出して“テヘペロ”。愛らしい表情を見せていた。

 この一連のプレーを「パーソル パ・リーグTV」公式YouTubeも「【技術の超無駄遣い】今宮 “てへぺろ”をスーパースローで」と動画で紹介。ファンからは「今宮の守備、最近一層異次元」「プレーは可愛くないほど上手い」「今宮にしか出来ないプレー」「今宮のえぐさを再認識した」と絶賛する声とともに「可愛い」「なぜプレーではなく、テヘペロをスローにした笑」と“テヘペロ”に反応する声も上がっていた。(Full-Count編集部)