PayPayドーム隣接地に建設された「BOSS E・ZO FUKUOKA」が報道陣に公開

 ソフトバンクは25日、本拠地PayPayドームの隣接地に完成した自社エンターテインメントビル「BOSS E・ZO FUKUOKA」を報道陣に公開した。同ビルは様々なアトラクションやフードホールが入った大規模複合型施設となり、7月21日に開業する。

 この日はビルの目玉である「チームラボフォレスト」や絶景アトラクションである「絶景3兄弟」のうちの1つ「すべZO」、VRコンテンツが体験できる「V-World AREA」などがお披露目に。報道陣には各アトラクションを体験する機会が設けられ、ここでは、体験したアトラクションごとの詳細や魅力をレポートする。

 まず最初に公開されたのが世界的に知られるアートコレクティブ「チームラボ」が手掛けたミュージアム「チームラボフォレスト」だ。「捕まえて集める森」「運動の森」の2つの森で「チームラボフォレスト」は構成され、この日公開されたのは「捕まえて集める森」だった。

 エントランスを通りミュージアムの中に入ると、目の前には色鮮やかなデジタルアートで表現された「森」が広がる。その光景は圧巻の一言。色とりどりの植物や動物が壁一面、床一面に映し出され、幻想的な空間を演出し、人々を「森」の中に引き込む。

 この「捕まえて集める森」ではスマートフォンを利用する。専用のアプリをダウンロードしてミュージアム内で起動すると、ミュージアム内の演出と連動する。森の中で動物を見つけ、アプリで「光の矢」を放つと、ミュージアム内にも同じように「光の矢」が放たれる。動物に命中すると、この動物を捕まえることができ、アプリ内に図鑑として登録される。

アプリを活用して動物を集める「チームラボフォレスト」は大人も夢中になれる

 壁面を歩く動物には「光の矢」を使用するが、床の動物たちには「網」を使用する。同様にアプリを使用して網を投げると、連動して床に網が張られる。ここに動物がかかれば、矢が命中した時と同様に図鑑に登録される。これを繰り返して図鑑を完成させることを目指す。壮大で流麗なデジタルアートに包まれながら、動物たちを探し歩くという体験は、子供だけでなく、大人も夢中になれる。

 続いてはVRコンテンツが体験できる「V-World AREA」へ。こちらには九州初進出の機器10種類を含む16種類のVRアトラクションが設置され、フロアは「和」を基調としたデザインに。「ビートセイバー」や「フォトンバイク」「フットピンポン」など様々なVRアトラクションが並ぶ。最先端の“ゲームセンター”を連想させる空間となっており、老若男女問わず楽しめるものとなっている。

 そして、この「BOSS E・ZO FUKUOKA」でも最注目が「絶景3兄弟」と呼ばれるビルの高層階および屋上に設置された3つのアトラクション。ビル壁面を滑り降りるスライダー「すべZO」、ぶら下がり式レールコースター「つりZO」、クライミング&ボルダリング施設「のぼZO」の3種類からなる。

「つりZO」は屋上に設置された1人乗りのぶら下がり式のレールコースター。ビル屋上に設置されたレールコースターは日本で初めてのものとなる。スタート地点は地上60メートルの高さで、眼下には福岡市内の街並みが広がる。全長は約300メートル。絶景を見ながら、コースを駆け抜けるコースターだ。

ビル壁面を滑る「すべZO」はスリルとエンタメを兼ね備えた名物に

「のぼZO」はビル屋上に設置されたクライミング&ボルダリングのウオール。クライミングでの最高到達点は地上約50メートルの高さとなっており、「つりZO」と同様に本拠地PayPayドームや福岡市の街並みを一望できる。公開時は残念ながら大雨のため公開は中止となった。

 そして「すべZO」だ。日本で初となる建造物に付随したチューブ型スライダーで、地上40メートルの高さからビル壁面に沿って全長100メートルを一気に滑り降りる。スタート地点からは本拠地PayPayドームが眼下に見下ろすことができる。滑る際には専用の袋に入る。

 スライダーは上半分が透明のポリカーボネート樹脂でできており、滑りながら福岡市内の街並みを見ることができる。体を起こすとスピードが速まり、倒すと遅くなるようになっており、ある程度は自分でスピードのコントロールも可能となっている。

 体を起こすとなかなかのスピード感を感じることができ、スリルも味わえる。50メートルほどを滑り降りると、そこからはまた別の世界が目の前には広がる。光と音のトンネルになり、前半とはまた違うスピード感を味わえる。わずか30秒ほどの短い時間ではあるが、疾走感とスリル、エンターテインメントが一度に味わえる。

 この日体験できたのは「チームラボフォレスト」「V-World AREA」「すべZO」の3箇所だけではあったが、魅力溢れる施設の数々に童心に戻ったような気分になった。プロ野球球団が作ったエンタメ施設だからといって侮るなかれ。最先端のデジタル技術も取り入れた「BOSS E・ZO FUKUOKA」は新たな福岡の新名所となりそうだ。(福谷佑介 / Yusuke Fukutani)