MLB公式サイトが「2020年シーズンを楽しみにすべき20の理由」を特集、大谷の名前が挙がる

 紆余曲折を経てメジャーリーグは7月23日(日本時間24日)か7月24日(同25日)に開幕することが正式に決定した。今季は60試合制での開催となり、選手たちは7月1日(同2日)までに球団のスプリングトレーニング地に集合し練習を再開させる。MLB公式サイトも「2020年シーズンを楽しみにすべき20の理由」を特集。その理由の一つにエンゼルスの大谷翔平投手の名前が挙がった。

 給与面、新型コロナウイルス感染に向けた安全面などでMLB機構と選手会が対立していたが、この日にシーズン開幕がようやく合意した。

 待ちに待った開幕に向け米メディアも盛り上がりを見せている。MLB公式サイトは今シーズンの注目すべき点を20個挙げ、二刀流の完全復活に期待がかかる大谷も登場している。

 当初は5月中旬での投手復帰が予想されていたが、新型コロナによって開幕が延期。記事では大谷にとってリハビリを含め十分な“準備期間”が得られたことで「彼はトミー・ジョン手術から完全に回復し、エンゼルスで投げて打つ準備ができているようである」と指摘。

 打者として、投手として活躍が期待されるが「我々がまだ分からないことは、長期間にわたって両方できる選手が存在するのかということ。エンゼルスのジョー・マドン新監督はどうするか考えて楽しめるだろう」と、特別なシーズンとなる今季の起用法について注目しているようだ。

 約3週間のスプリングトレーニングを経てシーズンは開幕する。ルーキーイヤーの2018年に二刀流を成功させた大谷が再びメジャーを沸かすことはできるのだろうか、注目が集まる。(Full-Count編集部)