-野球女子の記事一覧はこちら- 

 大の野球好きとして、これまで「グラゼニ女子」や「四国アイランドガールズ」として活動してきた望月茉莉さん。中学時代のソフトボール部での経験を活かした豊富な野球知識だけでなく、萌え萌え担当としてメンバーやファンを和ませ、「グラゼニ女子」や「四国アイランドガールズ」で活躍を続けてきた。

 今回はそんな望月さんにインタビューを行い、野球好きとしてのルーツや萌え萌え担当ならではのエピソードを伺った。

■「歌を歌いに行くような感じ」でベイスターズファンに

 中学時代にはソフトボール部に所属していた望月さんだが、意外にも学生時代までは現在ほどの熱い野球愛を持っていた訳ではなかったと振り返る。

「9番ライトで、ギリギリスタメンという感じでした。中学時代は、どちらかと言うと見るよりも自分でやる方が好きで、そこまでプロ野球もたくさん見ていませんでした。

 高校の時も部活はやらずに、メイドカフェでバイトしました。ここでの経験が今の萌え萌え担当に繋がっていますが、高校時代も野球とは無縁でしたね」

 そんな望月さんが、本格的に野球にハマり始めたのは高校卒業後だ。

 きっかけは、友人に誘われて横浜DeNAベイスターズの試合を見に行ったことであった。

「絶対に外野席しか行かない友達で、隣でみんなが声を揃えて応援歌を歌うのを聞いていたのですが、聞いているうちに私もだんだん覚えてきて、一緒に歌うのが楽しくなりました。みんなで合唱する時の一体感みたいなのがすごく楽しくて、歌を歌いに行くような感じになりました」

 また、横浜DeNAベイスターズの選手のことも知るうちに、好きな選手が見つかったり、野球の奥深さが分かるようになったりと、新たな楽しみも増えていった。倉本寿彦内野手のファンになった望月さんは、倉本選手のプレースタイルや性格について熱く語る。

「プレースタイルが格好いいなと思いますし、一匹狼のタイプの性格もすごく好きです。ベイスターズは女性ファンに向けたグッズがすごく多くて、ファンブックには選手のプライベートに関する内容がたくさん載っています。好きな食べ物や選手の個性が見えるようなものなど、女子目線で喜ぶようなものが多いので、すごくファンになってきました」

■将来は心理学面からスポーツに関わりたい

 そんな望月さんが仕事として野球に関わるようになったのは、今から約3年半前だ。高校卒業後はグラビアアイドルとして活動していた望月さんは、グラゼニ女子のオーディションが行われることを知り、すぐに「絶対なりたい」と思いオーディションに応募。猛勉強の甲斐もあり、見事オーディションに合格した望月さんは、晴れてグラゼニ女子のメンバーになったのだ。

 だがいざメンバーが揃うと、望月さんはメンバーとの野球知識の差に驚きを隠せなかったと振り返る。

「本当の野球のオタクばかりで驚きました。育成選手の細かい情報まで知っているし、マニアックな応援歌を歌うのも当たり前のような感じで、負けないように結構必死に勉強しました」

 そんな中で望月さんは、「自分が周りに勝てるものはなんだろうか」と必死に考えた。そしてその時に頭に浮かんだのが、高校時代にアルバイトで経験した「萌え萌え」だったのだ。

「萌え萌えの他には何も出てきませんでした。でも萌え萌え担当として定着して良かったです」

 萌え萌え担当としての効果は抜群だった。

 番組に出演する際には、挨拶時に「今日も萌え萌えホームラン」の掛け声をかけることが定着し、この掛け声を観客の前で披露するとホームランが出るといったジンクスまで生まれた。

「萌え萌え担当」のキャラクターを定着させて、大きな個性を放つようになったのだ。

「以前にラジオの実況中継に出演させていただくお仕事があったのですが、番組が終了した後、ラジオ局に『モエ』とは一体何ですかと問い合わせが来たそうです。『萌え萌え』を知らない高齢者の方からの問い合わせだったようですが、それだけインパクトがあったのだと思います」

 そんな望月さんは、現在大きな目標に向かって勉強をしている。実は望月さんは、現在大学に在学しており心理学について学んでいるのだ。

 また卒業後は大学院への進学も視野に入れており、将来的には心理学の知識を活かして野球に関わっていきたいと語る。

「心理学の中でも臨床心理学というジャンルを勉強していて、将来的には仕事とストレスの関係性についての研究をしたいと思っています。

 そして研究結果を、コラムだったりラジオだったり形は何でもいいんですけど、スポーツに応用して関わっていけたらなと思っています」

「萌え」と「知性」を兼ね備えた異色の野球女子の、これからの活躍にも注目したい。

取材:WoodStock 栗崎祐太朗