ヴァンフォーレ甲府は13日、MF小林岩魚(いわな)の負傷を発表した。

クラブの発表によると、小林は10日の練習中に負傷したとのこと。右足関節前距腓じん帯断裂、右足関節外側じん帯損傷と診断され、全治は約8~10週間とのことだ。

地元の山梨県甲府市出身の小林は、甲府の下部組織で育ち、専修大学を経て昨シーズン入団。2019シーズンは天皇杯の4試合に出場していた。