アメリカの『フォーブス』誌によると、クリスティアーノ・ロナウドは、サッカー界で始めて、キャリア全体の年収が10億ドル(約1,000億円)を超えたようだ。
ロナウドは同誌が発表した2020年のセレブ億万長者ランキングでカイリー・ジェンナー(モデル)、カニエ・ウェスト(ミュージシャン)、ロジャー・フェデラー(テニス選手)に続いて、4位にランクインしている。
これらの数字を理解するためには、クリスティアーノの年間スポンサー契約を分解する必要がある。
彼のスポンサーブランドであるナイキ社だけで年間2,000万ドル(約20億円)を受け取るポルトガル人だが、他にもハーバライフ、アメリカンツーリスター、DAZN、アルティス、Sixpadなどのブランドと契約を結んでいる。
また、クリスティアーノは、私服ブランド、植毛クリニック、香水などをプロデュースしており、いくつかのホテルを経営している。
サッカーからは、17年間のキャリアを経て、クリスティアーノは6億5,000万ドルを稼ぎ出し、史上最も成功したサッカー選手となった。
彼のもう一つの収入源はソーシャルネットワークである。
『Hopper HQ』の調査によると、インスタグラムのフォロワー数は2億2,200万人で、スポンサー付きの出版物のおかげで2019年までに4,700万ユーロ(約50億円)を稼いでいたという。
なお、現役中この快挙を達成したアスリートはロナウド合わせて3人しかおらず、2009年にタイガー・ウッズ(ゴルフ)、2017年にフロイド・メイウェザー(ボクシング)が偉業を成し遂げている。
また引退後、元バスケットボール選手のマイケル・ジョーダンもその壁を越えている。