ラウタロ・マルティネスがバルセロナに近づいている。この選手とブラウグラナは出会うことが運命づけられているように見える。ラウタロは来シーズンからブラウグラナのシャツを着てプレーするだろう。
【西、伊、英、Jリーグも開幕&再開目前!サッカー見るなるDAZN】
インテルに到着する前のラウタロは、アルゼンチンのラシン・クラブ・デ・アベジャネーダでプレーしていた。クラブ会長のビクトル・ブランコは、ラウタロのバルセロナへの加入が高まるストライカーに関して「何が起こるか、オペレーションが終了するのを待つ必要があるが、それは素晴らしいことだ」とアルゼンチンの『IAM Noticias』で話した。
ブランコは、ラウタロを手放すときに彼の将来性を見極めていた。そのため契約には、ラウタロがインテルから移籍した場合、移籍金の一部がラシン・クラブに支払われる条項を組み込んでいた。
ラウタロ・マルティネスはアベジャネーダのクラブで2015年から2018年にかけてプレーした後、現在所属クラブであるインテルで欧州サッカーへの扉を開いた。ラ・アカデミア(ラシン・クラブの愛称)では59試合に出場し、27ゴールと6アシストを記録した。