スポーツロスに嘆くファンへ「名珍場面特別編」―13歳少年のスポーツマンシップ

 新型コロナウイルスの感染拡大は収束の兆しを見せ、緊急事態宣言も全面解除された。それでも、多くのスポーツイベントが再開するまで、しばらく時間がかかる。スポーツロスに嘆くファンへ向け、過去の様々な競技で盛り上がったシーンを「名珍場面特別編」としてプレーバック。今回は海外サッカーでの粋なシーンだ。

 2019年の3月、当時13歳の少年のフェアプレーが称賛を集めた。審判のミスで獲得したPKをわざと失敗――。トルコのガラタサライのU-14に所属する選手のスポーツマンシップの一部始終を、海外メディアが動画で公開。ファンからは「偉大だ」「素晴らしい」「なんて男だ」などと絶賛の嵐が起こった。

 その姿勢が称えられたのはガラタサライU-14でキャプテンを務めるベクナス・アルマズベコフだ。13歳の少年はイスタンブールスポル戦で、左サイドから切り込むとエリア内で転倒。相手との接触があったかどうかは微妙な状況だったが、審判はファウルとジャッジし、PKが与えられた。ここからだ。

 アルマズベコフは故意にゴール右へ大きく外したのだ。この時点でチームのリードは1点だけ。追加点が欲しい場面ではあったが、本人もPKでないことはわかっていたのか、13歳らしからぬ判断でフェアプレーを優先したのだ。

 一部始終を英衛星放送局「スカイスポーツ」が公式インスタグラムで動画で公開。「ガラタサライU-14のキャプテンは、審判が誤った判定を下し、故意にペナルティキックを外す。13歳のベクナス・アルマズベコフが完璧なスポーツマンシップとフェアプレーを見せた」と拍手を送った。

海外ファンは続々絶賛「ネイマール、この少年から学ぶんだ」

「ナイス」
「彼は世界最高の人物のひとりとなるだろう……」
「偉大だ」
「スポーツマンシップがここにある」
「素晴らしいスポーツマンシップ」
「なんて男だ」
「偉大なスポーツマンシップにリスペクト」
「フェアプレー」
「ネイマール、この少年から学ぶんだ」
「一流、素晴らしい行いだ」

 またチームも3-0で勝利。フェアプレーへの称賛と共に、勝利もがっちりと掴み取っていた。(THE ANSWER編集部)