Bリーグの中継や見どころなどを紹介するテレビ番組「BS12水曜バスケ!」。WEB限定スピンオフ企画「水曜バッシュ!」では、同番組で解説を務めるバスケットボール元日本代表の渡邉拓馬さんが現役Bリーガーに直撃取材。「喜・怒・哀・楽・拓(拓馬さんからの質問)」のカードをテーマに、バスケットボールのことからプライベートな事件、バッシュのこだわりまでを聞き出している。

第21・22回目は、2019-2020シーズンに千葉ジェッツで活躍した小野龍猛選手と藤永佳昭選手が登場。

小野選手はトヨタ自動車アルバルクを経て2013年に千葉ジェッツに入団。今年4月、契約満了に伴う退団が決定し、5月31日、今季B1に初昇格する信州ブレイブウォリアーズへの移籍が発表された。一方の藤永選手は、アースフレンズ東京Z、名古屋ダイヤモンドドルフィンズを経て2018年に千葉ジェッツに入団した、ディフェンスに定評のある28歳。小野選手の退団が発表された直後の5月上旬に、オンラインで取材を行った。

・今すぐ読みたい→
田中大貴さんが見たBリーグ・日本バスケ界の底力と未来(前編) https://cocokara-next.com/athlete_celeb/daikitanaka-bleague-future-01/

小野「バスケ上達のカギはサッカー」

 

渡邉:テーマは「怒」。怒りはいっぱいあるよね?

小野:怒りはそこまで溜めない。すぐ忘れちゃう方。

渡邉:試合中、チームメイトに対して声をかけているシーンはよく見たなって思う。ここ数年。

小野:やっぱり気の緩みというか、キャプテンもやっていましたし、気の緩む場面なんてあるじゃないですか。点差が開くにつれて気が緩む場面が絶対にある。自分がキャプテンをやっていた時はそこに気をつけて、ちょっとでも気が緩んでいたらベンチに帰って来た時にすごく言うようにしていました。

渡邉:小野選手バスケットIQが高いと思う。ポイントガードみたいなIQがある。そのIQを身に付けた時期は?

小野:サッカーをやっていたんですけど、その時にミッドフィルダーとか司令塔的なポジションをやっていた。全体を見渡せる能力がついたのも、サッカーのおかげという感じがしています。

渡邉:スティーブ・カーが若い選手に対してサッカーをやった方がいいと言っていたけど。

小野:(スティーブ)ナッシュもサッカーうまいですよ。それ、すごく大きいと思います。サッカーのコートってすごく広い。そこで遠くだったり近い選手だったりを見たりしながらやるじゃないですか。バスケはさらにコートが小さくなって、より見やすくなった。

渡邉:だからヨーロッパの選手はビッグマンでも視野が広い選手が多い。それは今の子供達にいいアドバイスになるかも。

小野「敵としてまた帰ってくる」

渡邉:次は喜怒哀楽の「哀」。

小野:今年からジェッツを去ることになった、それが悲しいですね。7年もいて、ここまで成長できたのもチームのおかげ。そこを去るというのは僕の分岐点でもある。去るのはすごく寂しい。

渡邉:アルバルク時と違って結果も出しているしね。

小野:アルバルクの時は悲しいというよりは一つの自分の成長。また違う。

渡邉:移籍は僕も経験して。アルバルクから移る時はだいぶ…。最初はアルバルクに11年いて、3年サンロッカーズで、最後にアルバルクに帰ってきた。

小野:そうですよね、俺2年間一緒でしたもんね。

渡邉:当時は今ほどファンの人が多くなかったけど、サンロッカーズに移籍した後に(アルバルク の拠点の)府中で試合とかあって、ファンの人がカード作ってくれて、あの時はさすがに泣いちゃったけどね(笑)。

小野:覚えています(笑)。

渡邉:同じじゃないけど、似たように、ファンの人とかクラブの社長さんやスタッフの方はいろんな思いを持っている人が多いと思うから。

小野:ブースターの熱狂とかは、もちろん敵として帰ってくるつもりですけど、またちょっと寂しいですよね。

渡邉:今32歳で、次に行くチームは龍猛の経験を欲しがるだろうから、そこで新たなファンもつくだろうし。

小野:新たな出会いもある。

渡邉:また新たな道が作られると思うので、期待して見ています。でもまぁ悲しいよね。ちょうどこの取材を龍猛にオファーした次の日くらいに移籍のニュースがSNSに出たから大丈夫か?と思ったけど。

小野:悲しいですね。でも全然大丈夫です。

藤永「龍猛さんともっとプレーしたかった」

藤永:最近悲しいことは、龍猛さん(の退団)ですね。チームを7年間支えてきてくれて。バスケットのこと以外でもチームを助けてくれている。イベントも率先していってくれているって聞きました。ジェッツにはなくてはならない存在。あんなに怖そうに見えて、めちゃくちゃ優しい。

渡邉:面倒見いいもんね。気配りができる。アルバルク に俺がいた時に、打ち上げとかで俺の送迎をしてくれたいて。そういう気遣いをしてくれたのは今まで彼一人しかいなかったかな。

藤永:寂しがり屋なんですよね。かまちょの部分はあります。ああ見えて(笑)。

渡邉:7年いて、NBL時代から千葉ジェッツを支えた一人。ファンの人もいろんな思いを持った人がいると思うから、新たなチームで凱旋してくる時はちょっと感情が大変かもしれないけど、サプライズしてほしいなという思いはあるけどね。

藤永:ブーイングとかですね(笑)。プレーでの面で、僕が2年目になって龍猛さんとで合ってきていた部分があった。もう1年一緒にやって頑張りたかった。個人的にはそこが悲しいですね。

渡邉:学んだことをまた龍猛と対戦する時に出せば、彼も何か感じてくれるだろうね。

小野選手の家族との過ごし方や藤永選手の好きなタイプ、それぞれ愛用のバッシュ話など、インタビュー全容は「BS12水曜バスケ!」のYouTubeでチェック!

 

※健康、ダイエット、運動等の方法、メソッドに関しては、あくまでも取材対象者の個人的な意見、ノウハウで、必ず効果がある事を保証するものではありません。

[文/構成:ココカラネクスト編集部]

・今すぐ読みたい→
田中大貴さんが見たBリーグ・日本バスケ界の底力と未来(前編) https://cocokara-next.com/athlete_celeb/daikitanaka-bleague-future-01/