サッカーのブラジル1部ボタフォゴに所属する本田圭佑は5月25日、音声配信サービス「Now Voice(ナウボイス)」を更新し、「誹謗中傷」をテーマに考えを展開した。誹謗中傷による自殺数は「ニュースになっていないだけで数えきれないぐらいある」とし、「それだけ言葉の暴力は、時によって実際の暴力よりもはるかにダメージを受けている」と被害者への影響を説明した。自身も受けたことについては「平気かと言われると全くそうでないし、気にはする」と本心を述べ、「逆にそういった誹謗中傷がエネルギー源になってきた」と反骨精神でキャリアを積み重ねてきたと語っている。人は誰しも悪いことをやっていても簡単に気が付かないことがあり「無意識に人を傷つけてしまっている。自分は全く関係ないと思っていても、その言葉が人に誹謗中傷と受け止められてしまったら、それは誹謗中傷になる」と呼び掛けた。

■本田圭佑選手「誹謗中傷をするのは本能やから」の音声は【こちら】から。

■「NowVoice」について
「NowVoice」は、世の中に強い影響力を持つ、アスリートをはじめとした各界のトップランナーの音声が、月額900円(税抜)で聴き放題となる定額制のプレミアム音声サービスです。トップランナーの「声」は、何気ない一言でもヒトの人生を変える力があります。トップランナーたちの本音の「声」を直接ユーザーに届けることで、人生をより楽しく、元気に、幸せにする「きっかけ」の創出を目指しています。トップランナーは、今後アスリートのみならず、タレント・ミュージシャン・経営者・文化人など、様々なジャンルの方々の拡充を予定しています。 

サービスURL:https://voice.nowdo.net