スペイン滞在中に33歳となったジョコビッチ、現地ファンが拍手を送った距離とは

 男子テニスのノバク・ジョコビッチ(セルビア)がツイッターを更新した。スペイン滞在中のスターは22日に33歳の誕生日を迎え、ファンから“超社会的距離”で祝福を受ける動画を公開。「幸せがお返しされる日」などとコメントが相次いでいる。

 なんとも嬉しい光景だ。快晴の空の下、テニスコート横で練習を終えた様子のジョコビッチ。上半身裸でコートの外を向いている。すると、両手を挙げたまま遠くに向かってお辞儀。なんとコート外からファンが誕生日を祝福していたのだ。大きく響く歌声が嬉しかったのだろう。最後は拍手も送られた。

 ジョコビッチは「みんな、誕生日のお祝いの言葉をありがとう」と投稿。スペイン語でも感謝の言葉をつづると、ファンからは「素晴らしい一日を過ごしてね」「みんな愛しています」「あなたが人々に与えてきた幸せがお返しされる日だね」「勝ち続けて」「あなたは私のヒーローであり、元気の源」「テニスというスポーツはあなたなしには成り立たない」と反響が集まっている。

 スペインは新型コロナウイルス感染拡大の深刻化で外出禁止となっていたが、徐々に規制が緩和されつつある。トレーニングを再開したジョコビッチにとって、“超社会的距離”から受けた祝福は嬉しいものとなったはずだ。(THE ANSWER編集部)