[記事提供:健康わくわくサイト 人生100年時代に役立つトレヴィアをお届けします]

 自分の健康状態を知るには、生体の徴候(バイタルサイン)を知ることがたいせつです。医療機関での健康診断は欠かせんし、日常生活の中で手軽に血圧や血中酸素飽和度を測ったりすることも珍しくない時代になりました。

・今すぐ読みたい→
10分ずつジョギング時間を延ばす「+10」(プラス・テン)運動の効果 https://cocokara-next.com/fitness/plus-10-jogging/

運動、特に有酸素運動は血管の内壁からNO(一酸化窒素)が分泌されることで、血管を広げて血液の流れを良くしたり、柔らかなしなやかさを保ってくれます。しかもHDL(善玉)コレステロールの分泌も促されて動脈硬化の予防にもなります。(※1)

各マスコミが血管の柔らかさ(若々しさ)の指標を「血管年齢」と表現しているのを見聞きした方も多いと思います。


有酸素運動の代表格、ジョギングを生活習慣に取り入れて、愛好家(ジョガー)として末席を汚すようになりました。丁度その頃、厚生労働省主導の【スマートライフプロジェクト】が企画した「健康100日プロジェクト」の参加募集がありました。健康寿命を延ばそう!をスローガンにした国民運動の呼び掛けです。

自己流ではあるけど、今までの成果をまとめるのも一興だし、たまたま手元に簡易的に血管年齢を測るアイテムがありました。そこで「よし!」と思って参画することにしたのです。

決まった時間に血管年齢を測定して、ジョギング効果を検証してみるのです。運動強度との相関を観察して考察し、次回の運動メニューを調整したりしたのです。

お陰様で自分の年齢(実年齢)よりも血管年齢が若く表示されました。  

しかし血管年齢の変動を週ごとにチェックしてみると、なぜか週の中頃、水曜日か木曜日に実年齢を超えることに気が付きました。その頃は毎週ウィークデーに休みが取れる月だったので、いつもよりジョギング回数を増やしてみました。すると、しっかり血管年齢が下がったのです。

そんな試みを続けていたら、ジョギングしても血管年齢が下がらなくなる週が表れ始めました。「どうしてなんだろう?」色々原因を探っていたら、血管年齢が上がる前日は寝付きが悪く、睡眠不足気味だったことに気が付きました。

自律神経は交感神経と副交感神経に分かれます。交感神経は血管を収縮させる(いわゆる硬くなる)働きがあります。ストレスが溜まると交感神経が優位になることです。みなさんもご経験あると思いますが、何か考えごとに集中して緊張状態になったり興奮している(ストレスがたまる)と、寝つきが悪くなりますよね。ストレスが溜まると不眠になるのです(※2)

そうか!ここ最近のジョギングは負荷の掛け過ぎ。ストレスが溜まった興奮状態。交感神経が優位になったままになって血管年齢が下がらなかったのだろうと考察しました。

出典;(※1)健検公式テキスト増補改訂版 有酸素運動の強力パワー
(※2)睡眠アドバイザー 山本恵一著「眠りの技法」

[記事提供:健康わくわくサイト 人生100年時代に役立つトレヴィアをお届けします]

※健康、ダイエット、運動等の方法、メソッドに関しては、あくまでも取材対象者の個人的な意見、ノウハウで、必ず効果がある事を保証するものではありません。

・今すぐ読みたい→
10分ずつジョギング時間を延ばす「+10」(プラス・テン)運動の効果 https://cocokara-next.com/fitness/plus-10-jogging/

株式会社SOily 代表取締役 岡本 頼幸


幼少時代から生命の不思議に取り付かれてきました。
生体の分化発生の不思議を研究 ~ 免疫検査を通しての患者様への想い ~ 医療・健康機器のユーザー様から頂いた奉仕の心・・・。
これらのことから医療・健康の大切さを、長年にわたって実感して参りました。
今、予防医療というポピュレーションストラテジーが重要になっています。
更に「競技スポーツ」に「健康スポーツ」という親しみ易い概念も取り入れようとしています。
みなさまが人生の目的を達成するために大切な、「健康」についてのトレヴィアをお届けしたいと思っています。
みなさまの目となり耳となりそして足となって得た豆知識を、私の経験を交えてできるだけ分かり易くお伝えできれば幸いです。