ツイッターでの「Come Back」示唆に米メディア注目

 ボクシングの元ヘビー級3団体王者マイク・タイソン(米国)の53歳のリング復帰が話題を呼んでいるが、かつての因縁の相手イベンダー・ホリフィールド(米国)も57歳にして、カムバックを示唆している。米メディア「ボクシングニュース24」が報じている。

 チャリティーマッチでの復帰が取り沙汰されているタイソンと、時を同じくしてホリフィールドも再びのリング復帰へと動き出しているのか。同メディアは「イベンダー・ホリフィールド、57歳のカムバックを示唆」と見出しを打って伝えている。

 ホリフィールドが先週末に自身のツイッターで「Come Back」と投稿したことを受けて「57歳にして引退からのカムバックを示唆した」と報じた。さらに記事によると、ホリフィールドは昨年からエキシビションマッチ出場の意向を示していたという。57歳でリングに上がるとなれば異例中の異例。どこにモチベーションがあるのだろうか。

 有名人の資産を計算したサイト「Celebrity Net Worth」によれば、ホリフィールドの純資産は50万ドル(約5300万円)だという。記事では「稼ぐことが可能なら、キャリアを再開させることは彼にとって理にかなっている」と金銭面が大きな目的だと推測している。

復帰は十分に可能? 「体型をキープしており、難しくないだろう」

「オスカー・デ・ラ・ホーヤやレノックス・ルイスとは違い、ホリフィールドとマイク・タイソンはそれほど大きな資産を築かずに引退している。リングに戻ることで相当な金額を稼ぎ、名を挙げることができる」

 一時代を築いた2階級王者だが、現在の資産はほかの歴史的王者に比べれば多くはないと見ている。加えて「彼は57歳だが40代前半のように見える。体型をキープしており、エキシビジョンマッチに復帰するのも難しくないだろう」とも指摘している。

 タイソン戦で耳をかみちぎられたことでも知られるホリフィールドは2011年に48歳で試合を行ったのが最後。2014年に正式に引退を表明していた。リングに上がるとなれば9年ぶりだ。仰天プランは果たして実現するのか注目だ。(THE ANSWER編集部)