写真:上田仁/撮影:伊藤圭

13日、卓球Tリーグ男子・岡山リベッツは、来季の契約更新選手として、上田仁、柏竹琉の2選手を発表した。

チームの大黒柱・上田仁とサードシーズンも契約

上田は、昨シーズンは後半から体調不良のため出場していなかったが、Tリーグ通算成績25勝15敗と好成績を残している。すでに体調は回復しており、自粛状況の中、自宅でトレーニングを行うなど元気な姿を見せていた。

上田は岡山リベッツ公式YouTubeチャンネルで3rdシーズンに向けて、「やりがいと楽しみな気持ちでいっぱいです。今シーズンは嬉し涙で締められるように」と意気込みを語った。

また、昨年までエリートアカデミーに所属し、今年から早稲田大に進学した柏も契約を更新。Tリーグ通算0勝1敗ながら安定したプレーが持ち味の岡山出身の選手だ。3rdシーズンの契約をかけた(?)兄の柏友貴(中央大学)との兄弟対決を制した様子が岡山リベッツの公式YouTubeチャンネルに掲載されていた。

2ndシーズンは最下位に沈んだ岡山リベッツを、1stシーズンのようにプレーオフファイナル進出へ導けるか。両選手の活躍に期待が高まる。

上田仁コメント




写真:上田仁/撮影:ラリーズ編集部

3rdシーズンも岡山リベッツでプレーする事となりました。昨シーズンはチームになかなか貢献できませんでしたが、今年は自分自身ゼロからのスタートだと思ってまたコートでプレーできる事に感謝し、日々邁進して参ります。今年も応援宜しくお願い致します。

柏竹琉コメント

3rdシーズンも岡山リベッツでプレーさせて頂くことになりました。今シーズンは1回でも多く試合に出場し、チームの勝利に貢献できるよう頑張ります。今年から大学生になり新しい環境でプレーすることになり、良い結果が出せるように日々練習に取り組みます。今シーズンも岡山リベッツの応援よろしくお願いします。

文:ラリーズ編集部