写真:丁寧(ディンニン・中国)の”トマホークサービス”/提供:ittfworld

国際卓球連盟(ITTF)は12日、公式サイトで「家の中で、サービスの練習をしよう」と題して、丁寧(ディンニン・中国)の”トマホークサービス”(しゃがみ込みサービス)など、世界のトップ選手らのサービスを紹介した。

サービスのルールやスキルの分析、トレーニング方法なども解説しながら、卓球の最も本質的な要素の一つであるサービスを向上させる絶好の機会にしようと呼びかけている。

幅広い種類のサービスで有名な吉村真晴



写真:吉村真晴/提供:ittfworld

上回転と下回転の見分けが難しいアップダウンサービスを得意とする吉村真晴。世界のトップ選手たちも「あのサービスは読めない」と舌を巻く、サービスの名手である。

現代卓球らしい正確なサービスの樊振東(ファンジェンドン・中国)




写真:樊振東(ファンジェンドン・中国)/提供:ittfworld

台上レシーブ技術や両ハンドドライブの威力で知られる樊振東だが、正確なYGサービスからの攻撃バターンの得点力も高い。

独特のバックハンドサービスでボールに集中するドミトリ・オフチャロフ(ドイツ)



写真:ドミトリ・オフチャロフ/提供:ittfworld

独特の構えとタイミングのバックハンドサービスで、強烈な回転を繰り出すのは、ドイツのオフチャロフだ。世界のトップ層で数少ないバックハンドサービスから、威力抜群の両ハンドドライブで3球目を待ち構える。

正確な巻き込みサービスを出す伊藤美誠



写真:伊藤美誠/提供:ittfworld

手首を内側に巻き込むようにして逆横回転をかける”巻き込みサービス”で、世界から恐れられている伊藤美誠。回転の種類、コースが読みづらく、かつ多彩な種類を持っており、サービスからの得点率も非常に高い。

高いトスの投げ上げサービスを出すウーゴ・カルデラノ(ブラジル)




写真:ウーゴ・カルデラノ(ブラジル)/提供:ittfworld

”南米の若き天才”カルデラノは、他のどの選手よりも高いトスからの投げ上げサービス(ハイトスサービス)で、相手のレシーブのタイミングを崩し、そこからの強烈な両ハンド攻撃が得点パターンの一つだ。

ボールに触れることが難しいこの機会を生かして、サービスの上手いトップ選手や、自分の試合の動画を何度も見て、サービスの研究をしてはどうだろうか。

文:ラリーズ編集部