写真:2019カタールOPの森薗政崇/提供:ittfworld
卓球男子の森薗政崇(25)が11日から3日間限定で、オンラインサロンを開講することを発表した。

今月3日に姉で元卓球女子日本代表の森薗美咲(27)がオンラインで卓球指導などを行うサービスをスタートしたばかり。森薗は「姉が始めたこの事業に感銘を受けたので少しでも力になれれば」と新型コロナウィルスの感染防止のための自宅待機を余儀なくされている全国のファンとの交流の機会を設けることに決めたという。

オンラインサロンは、テレビ電話を活用し、原則としてマンツーマンで対話をする形式。卓球の技術に限らず、森薗への質問を自由に受け付けるという。

料金は10分2000円で、申し込みは、卓球総合サイトMingles(https://www.mingles.jp/)が窓口となる。

トップアスリートの価値が問われる社会情勢




写真:岡山リベッツでプレーする森薗政崇/撮影:ラリーズ編集部
森薗は2017年の世界選手権男子ダブルスで銀メダルを獲得。Tリーグ岡山リベッツの主力としても活躍し、小柄ながら縦横無尽にコートを駆け回るストイックなプレースタイルに魅力されるファンが多い。2020年3月に予定されていた世界選手権団体戦メンバーにも選出されているが、同大会は延期が発表されている。

全国各地で緊急事態宣言が発令されるなど、閉塞感のある状況の中、人気アスリートへの期待や社会的価値が高まっている。

文:ラリーズ編集部