写真:2019年グランドファイナルでの石川佳純/撮影:ラリーズ編集部

28日、石川佳純(全農)が自身のインスタグラムを更新し、「今日、日本卓球協会の理事会で来年に延期される東京オリンピックでも、出場の内定を頂きました」とコメントした。28日の日本代表6選手の五輪内定維持の承認を受けての声明だ。

石川は「今は世界中が大変な状況になっていて、ニュースを見るたびに心を痛めています。まずは、皆さんと一緒に意識を高めて、この難局を乗り越えましょう」と新型コロナウイルスで揺れる情勢の鎮静化へ願いを語った。

さらに「そして一年後、更にレベルアップした自分で、コートに立って2021年の東京オリンピックを笑顔で迎えられるよう、一日一日努力していきます」と東京五輪への意気込みもコメント。最後に「皆さまも健康には十分ご留意され、お過ごしください」と締めくくった。

文:ラリーズ編集部