本塁打を放ちベンチに向かって“3150ポーズ”を決める柳田は本人と初対面

 ソフトバンクの柳田悠岐外野手が7日、自身のインスタグラムを更新。最高(3150)ポーズの“生みの親”亀田史郎氏と初対面したことを報告した。

 柳田は自身のインスタで「遂に会った! しろうさん!」とコメントを添え、最高ポーズを共に決める亀田史郎氏との2ショット写真を公開。

「最高(3150)ポーズ」はボクシング亀田3兄弟の父、亀田史郎さんがSNSで披露してから話題を呼び、今では多くの著名人が使う人気ポーズになっている。柳田は本塁打を打てば、ベンチに向かってポーズを決めるのが恒例だが本人とは初対面だったようだ。(Full-Count編集部)