アイスダンスで北京五輪を目指す髙橋大輔(写真は昨年のメダリストオンアイス)

 1月19日、広島。アイスショー「プリンスアイスワールド2020」は公演2日目を迎えていた。大盛況で、ほとんどの席が埋まった。

 巨大な熱の渦の中心で、髙橋大輔(33歳)はエキシビション曲「Krone」の音と調和し、しなやかな滑りを見せた。黒いロングコートで帯を締めると、裾がフレアになってひらりと跳ねる。裏地の赤が見えた。宙高く跳ぶアクセルなども入れているが、プログラムの動き自体は激しくない。

 しかし、その静けさはスケーターとして深淵を表わしていた。スローな表現は、技術が拙いと粗さや雑が出る。誤魔化すことができない。その演技は静謐で、厳かさがあった。

 複数の照明を受けると、髙橋は6つの影を拵えられた。それは分身のように整然としていた。奏でるピアノの音色は、切なく狂おしかった。彼は顔色をあまり変えず、わずかな動きで音そのものを表現していた。約20年に渡って、シングルスケーターとして勝ち取った技術だろう。

 今年から転向を表明しているアイスダンスで、それは武器となるか。

「大ちゃん(髙橋大輔)は、音の捉え方がやっぱり違います。腕の使い方ひとつから体の動かし方、エッジの使い方。どれも、ダンスに生かせるはず」

 アイスダンスでカップルを組む、村元哉中の髙橋評である。

 髙橋は「プリンスアイスワールド2020」で、村元の演技の最後にも登場している。村元の手をとって、体を引き寄せ、見つめ合って終わる。それはアイスダンスに向けた序章だろう。

「たいへんななかでもやっていくという経験を、シングルの最後ですることができてよかったと思っています。アイスダンスでも、きっとたいへんなことは多くあるはずで、自分は初心者。世界を目指しながら、下から這い上がっていくことになると思うので」

 昨年末の全日本選手権でシングルスケーターとして引退した髙橋は、その心境を話していた。その後は、アイスダンサーとしての日々を生きている。2月からはアメリカを拠点に活動予定。コーチの指導を受け、本格的なトレーニングに入る。靴もダンス用を履くことになるだろう。

「大きな目標がないと、自分は頑張れない」

 カップル結成を発表した時、髙橋はそう語っていた。

「みんなに、よりダンスに注目してもらえるように。オリンピックを目指していきたい。できるだけ長く、自分はスケートで表現したいですね。『氷艶』のような舞台も経験して、スケートの可能性はまだまだあると感じたので」

 髙橋は、アイスダンサーとしても世界を狙う。純粋な野心がなければ、彼は動かない。2022年北京五輪出場が、目に見える目標だ。

 一方で、彼は言う。

 「アイスダンスはどうなるか、まだ予想できないです」

 困難な道のりであるのは、百も承知だろう。ジュニア年代でも、気鋭の選手が頭角を表わしつつあるのだ。

「あまり考えすぎないように。今は課題ばかり。(村元と)初めて組んでスタートするので、まだバラバラなところもあって。なるべく早く、”カップルになりたい”です。(基本的なことを)やっていくなかで余裕が出て、ふたりの世界観を出していけたら」

 新たな戦いでも、髙橋の培ってきたスケーティングは切り札になるだろう。技術は裏切らない。彼ほど音を取れる選手は、そうはいないのだ。

-滑っていて、どんな時が一番、気持ちが良いですか?

 昨年のインタビューで、髙橋に聞いたことがあった。

「音はまりした時ですね! ジャンプとかも、着地の音と(一緒に)バーンという音楽にはまった時。これは気持ち良いですね。基本的に、音にはまるのはいいですね」

 彼が身につけた感覚が、村元のダンスと調和したら、スペクタクルを見せてくれるのでは--。その予感を正当化できるだけの戦いをしてきた。シングルスケーターとして、金字塔を打ち立てているのだ。

 髙橋は先駆者のひとりとして走り続け、フィギュアスケートに光を差し込ませてきた。その光は淡く、ぬくもりがあった。そこにたくさんの人が集まり、まどろんでしまうような--。アイスダンサーとして、その世界を作り出せるか。

「アイスダンスをやりたい、と思ってもらえるカップルになりたいです」

 カップルを組む村元は言う。容易な挑戦ではない。しかしふたりが挑戦を発信したことで、アイスダンス界に新たな気運を生み出している。それはすでに事実だ。

「タイミングが合った時のエッジの深さは新鮮で。これは、ふたりでしか感じられない!それは今までにないもの」

 髙橋は楽しそうに言う。無垢な好奇心が、やはり彼の歩みの源泉だ。