写真;宇田幸矢(JOCエリートアカデミー/大原学園)/撮影:ラリーズ編集部

19日、全日本卓球選手権の男子シングルス決勝で、宇田幸矢(JOCエリートアカデミー/大原学園)が16歳の張本智和(木下グループ)を破った。両者は2年前の全日本選手権ジュニアの部決勝でも対戦し、そのときは張本が3-0で勝利し優勝している。宇田が2年前のリベンジを果たし、初優勝を飾った。

2年前の全日本ジュニア決勝の再戦は宇田に軍配




写真;宇田幸矢(JOCエリートアカデミー/大原学園)/撮影:ラリーズ編集部

男子シングルス決勝は16歳の張本と18歳の宇田による高校生対決となった。

張本は準決勝で18歳・戸上隼輔(野田学園高)とのゲームカウント4-3の激闘を制し、勝ち上がってきた。一方の宇田は、戸上と組んだダブルスでアジアジュニアを制覇するなど、戸上と同じ高校3年世代のトップを張るサウスポーだ。

試合は、初の決勝にも動じない宇田の超攻撃卓球に、世界ランキング5位で、国際大会での経験も豊富な張本が押され、序盤2ゲームを宇田が連取する。

第3ゲームは張本が奪い、迎えた第4ゲームは10-8で宇田がゲームポイントを握る。張本が粘り、デュースにもつれ込むが12-10で宇田が奪取し、ゲームカウント3-1と王手をかける。

そのまま第5ゲームも攻め抜いた宇田が先にマッチポイントを握る。万事休すかと思われたが、そこから張本が意地を見せ、最後は大きなラリー制し1ゲームを返した。若武者たちの熱い戦いに会場のボルテージも最高潮だ。

続く第6ゲームは、マッチポイントを逃した宇田に焦りが見え、序盤から1-7と張本に突き放される。そのまま張本が第6ゲームを制し、勝負の行方は最終ゲームへ。

最終ゲームもエンジン全開の張本が先行するが、宇田も追い上げる。大観衆が固唾を飲んで見守る試合は、最後まで攻め切った18歳・宇田に軍配が上がった。




写真:宇田幸矢(JOCエリートアカデミー/大原学園)/撮影:ラリーズ編集部

詳細スコア




写真:張本智和(木下グループ)/撮影:ラリーズ編集部

男子シングルス決勝

張本智和(木下グループ) 3-4 〇宇田幸矢(JOCエリートアカデミー/大原学園)
11-13/9-11/11-8/10-12/13-11/11-6/9-11

文:ラリーズ編集部