写真:橋本帆乃香(ミキハウス)/撮影:ラリーズ編集部

18日、全日本卓球選手権女子シングルス準々決勝が行われ、カットマンの橋本帆乃香(ミキハウス)が昨年準優勝の木原美悠(JOCエリートアカデミー)を下し、準決勝進出を決めた。

変幻自在の橋本が木原を翻弄




写真:橋本帆乃香(ミキハウス)/撮影:ラリーズ編集部

試合は、守備型の戦型であるカットマンの橋本が積極的に攻めを見せる。虚を突かれた木原は、1ゲームを落としてしまう。2ゲーム目からはカットと攻撃を織り交ぜる橋本に対し、木原も対応を見せるが、思うように得点を離すことができない。

2ゲーム目のデュースを制した橋本が、その後も木原を翻弄し、ゲームカウント4-0で勝利を収めた。

勝利した橋本は石川佳純(全農)と芝田沙季(ミキハウス)の勝者と19日の準決勝で対戦する。

スコア詳細




写真:木原美悠(JOCエリートアカデミー)/撮影:ラリーズ編集部

木原美悠(JOCエリートアカデミー) 0-4 〇橋本帆乃香(ミキハウス)
6-11/11-13/6-11/5-11

文:ラリーズ編集部