写真:伊藤美誠・早田ひな/撮影:ラリーズ編集部

<天皇杯・皇后杯 2020年全日本卓球選手権大会(一般・ジュニアの部)1月13日~19日>

大会5日目総括




写真:戸上隼輔・宮川昌大/撮影:ラリーズ編集部

全日本卓球選手権大会5日目の17日は、男女ダブルスで準々決勝まで行われ、ベスト4が決定した。

男子では戸上隼輔/宮川昌大(野田学園高)の高校生ペアが、王座奪還を目指す水谷隼/大島祐哉(木下グループ)ペアを下し、ベスト4入りを決めた。女子では3連覇を目指す伊藤美誠(スターツ)/早田ひな(日本生命)や、グランドファイナル王者の長﨑美柚(JOCエリートアカデミー/大原学園)/木原美悠(JOCエリートアカデミー)らが勝ち残っている。

また、男女シングルスでは6回戦までが行われ、ベスト8が出揃った。

男子は前回準優勝の大島祐哉を破った吉村和弘(東京アート)や五輪代表内定の張本智和(木下グループ)、丹羽孝希(スヴェンソン)が8強入りを決めた。女子は5回戦で平野美宇(日本生命)が異質プレーの高校生・出澤杏佳(大成女子高)に敗れた。その出澤を破った第2シード・木原美悠や五輪内定の伊藤美誠、石川佳純(全農)がベスト8入りとなった。

大会6日目:男女シングルス見どころ

男子シングルス準々決勝組み合わせ




写真:張本智和/撮影:ラリーズ編集部

丹羽孝希 - 戸上隼輔
吉村和弘 - 宇田幸矢
張本智和 - 吉村真晴
吉田雅己 - 神巧也

男子シングルス準々決勝見どころ

男女シングルスは準々決勝が行われる。

男子では、ともに全日本優勝経験のある張本智和と吉村真晴(名古屋ダイハツ)が対戦する。世界で活躍する両者によるハイレベルな戦いは必見だ。

五輪代表内定の丹羽孝希はダブルスでも躍進する戸上隼輔と対戦。ピッチの早い両ハンドラリーを得意とする選手同士の対戦となった。第1シードの大島祐哉を下した吉村和弘と宇田幸矢(JOCエリートアカデミー/大原学園)の対戦や吉田雅己(FPC)と神巧也(T.T彩たま)の青森山田OB対決も注目だ。

女子シングルス準々決勝組み合わせ

伊藤美誠 – 小塩遥菜
佐藤瞳 – 早田ひな
石川佳純 – 芝田沙季
橋本帆乃香 – 木原美悠

女子シングルス準々決勝見どころ




写真:石川佳純/撮影:ラリーズ編集部

女子は3年連続の3冠を狙う伊藤美誠が世界ジュニア銀のカットマン・小塩遥菜(JOCエリートアカデミー)と対戦。カット打ちに定評のある伊藤に対して小塩がどのような戦術で立ち向かうのか、注目したい。

4年ぶりの王座奪還を目指す石川佳純は芝田沙季(ミキハウス)と対戦する。お互いにラリーを得意としており、見ごたえのある打撃戦に期待だ。昨年準優勝の木原美悠はカットマン橋本帆乃香(ミキハウス)と、昨年3位の早田ひなは同じくカットマンの佐藤瞳(ミキハウス)と対戦する。

大会6日目:男女ダブルス組み合わせ見どころ




写真:上村慶哉・笠原弘光(シチズン時計)/撮影:ラリーズ編集部

男子ダブルス準決勝組み合わせ

戸上隼輔/宮川昌大 – 笠原弘光/上村慶哉
江藤慧/松下大星 – 三部航平/及川瑞基

男子ダブルス準決勝見どころ

男女ダブルスでは準決勝、決勝が行われる。男子ベスト4は昨年と全く異なる顔ぶれとなった。

水谷/大島ペアを下した戸上隼輔/宮川昌大の野田学園ペアは笠原弘光/上村慶哉(シチズン時計)と対戦。勢いに乗る戸上/宮川が優勝まで突っ走るのか、それとも社会人ペアが待ったをかけるのか。

もう一つの準決勝は田添健汰/田添響(木下グループ)を下した江藤慧/松下大星(クローバー歯科カスピッズ)と、専修大のエースコンビ・三部航平/及川瑞基(専修大)が対戦する。

女子ダブルス準決勝組み合わせ

伊藤美誠/早田ひな – 塩見真希/梅村優香

長﨑美柚/木原美悠 – 芝田沙季/大藤沙月

女子ダブルス準決勝見どころ




写真:伊藤美誠・早田ひな/撮影:ラリーズ編集部

女子は第1シードの伊藤美誠/早田ひなが同世代の塩見真希(ミキハウス)/梅村優香(中央大)と対決。両ペアとも準々決勝ではフルゲームの接戦を制しての準決勝進出だ。

また、グランドファイナル優勝ペアの長﨑美柚/木原美悠と、昨年準優勝の芝田沙季(ミキハウス)/大藤沙月(ミキハウスJSC)が対戦。実績のあるペアばかりのハイレベルな争いとなった女子ダブルス、栄冠を掴むのはどのペアになるのか。

文:ラリーズ編集部