写真:張本智和(木下グループ)と長﨑美柚(JOCエリートアカデミー/大原学園)/提供:ラリーズ編集部

<天皇杯・皇后杯 2020年全日本卓球選手権大会(一般・ジュニアの部)1月13日~19日>

15日、全日本選手権(以下、全日本)混合ダブルス準々決勝が行われ、前年度準優勝の張本智和(木下グループ)/長﨑美柚(JOCエリートアカデミー/大原学園)ペアが準決勝進出を決めた。

「まだ個の力で勝っている」




写真:張本智和(木下グループ)と長﨑美柚(JOCエリートアカデミー/大原学園)/提供:ラリーズ編集部

張本/長﨑ペアは、豪打を誇るペンホルダー松下大星(クローバー歯科カスピッズ)とTリーグ・TOP名古屋でも活躍するサウスポー梅村優香(中央大)のペアと対戦した。3ゲーム目こそ落としたものの1ゲーム目の接戦をものにした張本/長﨑ペアが勝利を飾った。

試合後、張本は「少しずつ良くなってきている印象はあるが、まだ個の力で勝っている印象がある。次からは連携がよくないと勝てないので、連携と個の力を使って勝ちたい」と勝って兜の緒を締めた。

落とした第3ゲームについては「相手がサーブもレシーブもすべて完璧だった。イメージはよくなかったが、試合に勝つことが大事なので、次のゲームに備えて意識していた」と振り返った。

16日は、混合ダブルス準決勝、そして決勝戦が行われる。「去年超えられなかった決勝の壁を越えたい。まずは準決勝をしっかり勝って、決勝へ行けるようにしたい」と意気込んだ。

森薗/伊藤ペアについては「2人とも世界トップのダブルスなので、こっちが向かっていかなければ絶対に勝てないと思っている。二人で話し合ってやっていきたい」と決勝進出、そしてその先の優勝を見据えた。

張本/長﨑ペアは、16日の大会4日目10時35分より上村慶哉(シチズン時計)/阿部愛莉(デンソー)ペアと決勝進出をかけて対戦する。

詳細スコア




写真:松下大星(クローバー歯科カスピッズ)と梅村優香(中央大)/撮影:ラリーズ編集部

○張本智和(木下グループ)/長﨑美柚(JOCエリートアカデミー/大原学園)3-1 松下大星(クローバー歯科カスピッズ)/梅村優香(中央大)
11-9/11-5/5-11/11-7

文:ラリーズ編集部