写真:硴塚将人(早稲田大)・森田彩音(中央大)/撮影:ラリーズ編集部

<天皇杯・皇后杯 2020年全日本卓球選手権大会(一般・ジュニアの部)1月13日~19日>

14日、全日本選手権(以下、全日本)混合ダブルス準々決勝が行われ、硴塚将人(早稲田大)/森田彩音(中央大)が、2連覇中の森薗政崇(BOBSON)/伊藤美誠(スターツ)ペアを追い詰めるもゲームカウント2-3で惜敗した。

硴塚/森田のエリアカコンビが躍動




写真:硴塚将人(早稲田大)・森田彩音(中央大)/撮影:ラリーズ編集部

試合は、下馬評を覆して硴塚/森田ペアがゲームカウント2-1リードと森薗/伊藤ペアを追い詰め、最終ゲームも5-3リードとした。硴塚の快速バックハンドと森田のドライブが上手く噛み合い、接戦を展開したが、惜しくも逆転負けを喫した。

試合後、硴塚は「相手が二人とも格上なので、こっちは思い切ってやるだけだった。1ゲーム目も結構離されたが、1点ずつ攻めていったら1ゲーム目をとれた。そこから相手が緊張して競ることができた」と振り返った。森田も「格上なので自分たちができることをやっていこうと思っていた。1ゲーム目取ることができて、流れがこっちに傾いてきてるなと思い、強気でいった」と失うものがないチャレンジャー精神で攻めていったことを明かした。

さらに「(森薗/伊藤ペアに対して)最初にハードルをあげすぎていて、何打っても返されると思ったら、意外と自分の打ったボールが抜けたり、森田のボールをミスしてくれたりした」(硴塚)と精神面でも臆することなく戦えたようだ。




写真:逆転勝利した森薗政崇(BOBSON)・伊藤美誠(スターツ)/撮影:ラリーズ編集部

リードした際は「できるだけ平常心でやろうとしたが、偶数のときのゲームがお互いのボールがあってなくて、リードしていたが苦しいというのは終始あった。できるだけ(5ゲーム目)序盤離してリードしたかったが、そこから連続失点してしまったのが反省点」と硴塚は最終ゲーム5-3リードからの逆転を許した場面を反省点としてあげた。

硴塚と森田は現在大学4年生の同級生であり、エリートアカデミー時代の同期でもある。混合ダブルス結成は3年前で、全日本本戦通過は今回が初めてだという。

3度目の正直で通過した混合ダブルスの全日本は「初戦から強い選手が多かったが、なんとか勝ち上がることができて、試合を重ねるごとに調子もあがってきてそこは良かった」(森田)、「8以上は入りたいなと思っていた。最低限の目標は達成することができて良かった」(硴塚)と目標達成に安堵の表情を浮かべた。

硴塚は男子シングルスとダブルス、森田は女子シングルスの試合が残っており、他種目でも上位進出を目指す。

詳細スコア




写真:硴塚将人(早稲田大)・森田彩音(中央大)/撮影:ラリーズ編集部

○森薗政崇(BOBSON)/伊藤美誠(スターツ)3-2 硴塚将人(早稲田大)/森田彩音(中央大)
13-15/11-7/7-11/11-3/11-7

文:ラリーズ編集部