<写真・フォアハンドで攻める村田>

 1月13日、丸善インテックアリーナ大阪(大阪市中央体育館)にて天皇杯・皇后杯2020年全日本卓球選手権大会が行われた。1日目のきょうは混合ダブルス1、2回戦が行われ、関学からは4組が出場した。

 ともに2年生ながら昨年のリーグ戦で躍動した楊(経2)・竹田(国2)組は、2セットを先取するも逆転負け。高校生とペアを組んだ萩原(商2)も初戦敗退を喫した。2回戦から登場した高橋(商4)・村田(文1)組、大西尚(商3)・小脇(社3)組は地力の差を見せつけ勝利。あすの3回戦へ駒を進めた。

 あすは同会場にて大会2日目が行われる。

試合結果

混合ダブルス1回戦

楊・竹田 ★2-3

萩原・枝廣(就実高)★1-3

混合ダブルス2回戦

高橋・村田 ☆3-1

大西尚・小脇 ☆3-2

試合後のコメント

混合ダブルス3回戦進出を決めた村田咲紀「男子のボールを取り慣れていなかったが、なんとか勝てて良かった。練習の時よりいいプレーができたと思う。今大会は格上の相手がほとんどなので、いいプレーをして向かっていかなければいけない。1勝でも多く勝って、スーパーシードまで行けるように頑張りたい」