写真:水谷隼/撮影:ラリーズ編集部

日本卓球協会は6日、東京五輪卓球競技日本代表候補選手を発表した。男子は2020年1月発表の世界ランキング日本人上位2名の張本智和(木下グループ)、丹羽孝希(スヴェンソン)のシングルス代表候補選手2名に加え、団体戦代表候補選手として水谷隼(木下グループ)が選出された。この3選手が日本男子卓球競技代表としてJOCに推薦される。

日本男子3人目はリオ五輪銀メダルの立役者・水谷隼




写真:水谷隼(木下グループ)/撮影:ラリーズ編集部

東京五輪シングルスの出場権は2020年1月時点の世界ランキング上位2名に与えられる。2020年1月時点で世界ランキング5位の張本、15位の丹羽がシングルス枠を手中に収めていた。

残り1枠の団体戦代表候補選手の選考基準は、『世界ランキング日本人上位2名代表候補選手とダブルスが組め、団体戦でシングルス及びダブルスにて活躍が期待できる選手』とされており、強化本部が決定することになっていた。

水谷は現在世界ランキング16位。リオ五輪でも日本人初のシングルス銅メダルに輝くなど、シングルスで数々の実績を残している。一方のダブルスは、丹羽と組んだ左利き同士のダブルスでは2019年の香港OPで初戦敗退と苦杯を喫しているが、全日本選手権で優勝(ペア:大島祐哉)、世界卓球でも銅メダルを獲得(ペア:岸川聖也)などの成績を収めている。

シングルス枠を逃したグランドファイナルの試合後には「(五輪代表に)選ばれたらこのままでは終わりたくない」と心中を吐露していた水谷。リオ五輪団体銀メダルの立役者が張本、丹羽とともに東京五輪で金メダルを目指し戦う。

文:ラリーズ編集部