写真:樊振東(写真左)、朱雨玲(写真右)/提供:ittfworld

<地表最強12人 1月1日~1月4日 中国(深セン)>

世界選手権2020釜山大会の中国代表を決める「地表最強12人」が4日閉幕し、男子は樊振東(ファンジェンドン)、女子は朱雨玲(ジュユリン)が優勝を果たした。両者はこれで中国代表に内定した。

同大会は、男子は現在世界ランキング1位の樊振東、同2位の許昕(シュシン)、3位の馬龍(マロン)、女子は1位の陳夢(チェンムン)、2位の孫穎莎(スンイーシャ)、6位の朱雨玲らが出場するなど、世界一決定戦と言っても申し分ないレベルの高さとなった。

樊振東は優勝後、「チーム内の競争だが、イベントが放映されるという雰囲気、審判や観客がいるということで、全く別の戦いとなった。勝ち残れて嬉しく思うのと同時に自信がついたと感じている。 2020年、非常に良いスタートがきれた」と話した。

朱雨玲は「チャンピオンになれたのは嬉しいが、私にはまだ改善すべきことがたくさんある。長い道のりであって、これは単なる国内大会、これからさらなる困難が待ち受けている。ワールドツアーはすぐそこだが、私にはまだ向上できる点がたくさんある。引退するつもりはない」とコメントし、これからの国際大会に向けて意欲を見せた。

男子結果




写真:2019年ITTFグランドファイナルでの馬龍/提供:ittfworld

1回戦

〇樊振東 4-0 Zhang Yudong
11-7/13-11/11-9/11-5

〇周启豪 4-1 趙子豪
8-11/11-8/11-9/15-13/11-6

〇林高遠 4-0 馬特
11-9/11-8/11-7/13-11

〇馬龍 4-2 薛飛
12-10/13-15/7-11/11-3/11-9/11-8

〇梁靖崑 4-1 周恺
11-7/11-4/11-8/6-11/11-5

〇許昕 4-3 徐晨皓
11-7/10-12/12-10/8-11/11-8/9-11/11-5

2回戦

〇樊振東 4-2 林高遠
9-11/11-9/11-8/11-6/9-11/11-2

〇周启豪 4-3 馬龍
11-7/7-11/7-11/11-8/11-9/2-11/11-6

〇許昕 4-3 梁靖崑
7-11/11-13/11-6/11-4/10-12/11-8/13-11

最終決戦結果

〇周启豪 4-1 許昕
11-8/11-9/6-11/11-6/11-9

〇樊振東 4-1 周启豪
11-9/11-9/11-8/3-11/11-8

〇樊振東 4-2 許昕
11-9/9-11/8-11/18-16/11-7/11-5

女子結果




写真:2019年ITTFグランドファイナルでの孫穎莎/提供:ittfworld

1回戦

〇陳幸同 4-1 何卓佳
12-10/11-7/10-12/11-7/11-9

〇孫穎莎 4-1 顧玉婷
12-10/8-11/11-8/11-8/13-11

〇丁寧 4-0 張瑞
11-8/11-4/11-9/11-7

〇朱雨玲 4-0 銭天一
11-4/11-7/11-9/11-8

〇陳夢 4-1 劉斐
11-9/11-4/10-12/11-7/11-1

〇王曼昱 4-1 王藝迪
11-8/11-8/12-10/7-11/11-5

2回戦

〇朱雨玲 4-3 丁寧
11-6/11-9/11-1/8-11/7-11/9-11/11-7

〇孫穎莎 4-3 王曼昱
11-9/3-11/11-6/11-8/6-11/8-11/11-9

〇陳夢 4-3 陳幸同
3-11/11-6/8-11/11-9/11-7/5-11/11-6

最終決戦結果

〇朱雨玲 4-2 陳夢
11-9/11-9/11-7/4-11/8-11/11-9

〇朱雨玲 4-2 孫穎莎
9-11/11-8/6-11/11-7/11-9/11-5

文:ラリーズ編集部