[Bellator × RIZIN 対抗戦をDAZN for docomoでライブ中継]

 令和最初の大晦日に行われる格闘技の祭典「RIZIN.20」。当初は堀口恭司VS朝倉海のバンタム級タイトルマッチが予定されていたが、右膝前十字靭帯の断裂、半月板損傷により堀口が欠場。そこで白羽の矢がたったのが朝倉海との再戦を熱望していたマネル・ケイプだ。2018年に行われた初戦では僅差の判定で朝倉が勝利を収めていた、因縁の相手とのリマッチとなる。

 この注目の一戦の見どころを、怪我のためやむを得ず出場を断念した堀口恭司に聞いた。

・今すぐ読みたい→
RIZIN・榊原CEO「やっぱり日本には石井がいたじゃん!」と言うような試合を期待、「堀口恭司と同じくらい世界で通用する選手」(https://cocokara-next.com/athlete_celeb/nobuyukisakakibara-interview-03/)

「進化した者同士がやるので、すごく楽しみ」

 

「自分がやるはずだった(朝倉)海くんとマネル・ケイプ選手の一戦は、自分が(RIZINバンタム級)タイトルを返上したので、どっちが勝つのかなと楽しみです。海くんにはしっかり勝ってもらって、自分がしっかりとやり返したいなと思っています。

前回の対戦では、僅差で海くんが判定で勝利しているんですけど、顔の傷とかをみると、マネル・ケイプが勝っているんじゃないかと言う声も多くて。なので、もう一回やったらその結果がハッキリとわかるんじゃないかなと楽しみにしています。でもやっぱり、自分的には海くんに勝ってもらわないと困りますけどね。自分は両者とも対戦したことがありますけど、マネル・ケイプは自分とやった時と比べると打撃も寝技も進歩していて、トリッキーになっていますよね。海くんも進化していて、進化した者同士がやるので、すごく楽しみですね」。

12月31日当日は、ライバルの一戦をリングサイドで観戦予定。戦友たちの激闘を原動力に、2020年の再起にかける。

「RIZIN.20」は12月31日にさいたまスーパーアリーナで行われる。朝倉海とマネル・ケイプ によるRIZINバンタム級タイトルマッチや、神童・那須川天心の一戦などが行われる。現地観戦に行けない人は、テレビやDAZN等で観戦を!

[Bellator × RIZIN 対抗戦をDAZN for docomoでライブ中継]

◆堀口恭司 オフィシャルサイト
https://horiguchikyoji.com/

◆堀口恭司グッズはコチラ
堀口恭司×Reebok オリジナルTシャツ
堀口恭司×WAYLLY スマートフォンケース

※健康、ダイエット、運動等の方法、メソッドに関しては、あくまでも取材対象者の個人的な意見、ノウハウで、必ず効果がある事を保証するものではありません。

[文/構成:ココカラネクスト編集部]

・今すぐ読みたい→
RIZIN・榊原CEO「やっぱり日本には石井がいたじゃん!」と言うような試合を期待、「堀口恭司と同じくらい世界で通用する選手」(https://cocokara-next.com/athlete_celeb/nobuyukisakakibara-interview-03/)