箱根駅伝2020 有力校はココだ!  
戦力分析 帝京大学編

 4度の首位交代に、5区間での区間新記録。前回の箱根駅伝は大いに盛り上がった。その中で、さほど目立たなかったものの、前評判どおりの強さを発揮したチームがある。それが帝京大だ。往路は9位と苦戦しながら、総合5位でフィニッシュ。復路は3位で突っ走った。




前回の箱根駅伝を5位でゴールした帝京大

 今季は出雲駅伝が7位で全日本大学駅伝は8位。いずれも過去2番目タイの順位だった。そして、11月23日の1万m記録挑戦競技会で星岳(3年)、岩佐壱誠(4年)、田村丈哉(4年)、平田幸四郎(4年)、橋本尚斗(2年)の5人が28分台の自己ベストをマーク。エントリー選手上位10人の1万m平均タイムは、昨年より5秒短縮して全体の5位(28分52秒20)につけている。前回王者・東海大のタイム(28分50秒54)と比べても遜色ない。

「エントリー(16人)に1年生が6人入るようなチームもありますけど、箱根は上級生が頑張るものだと思っています。例年は1人、2人欠けるので、1万m平均タイムが下がるんですけど、今回は1~10番目の選手がそのままスポッと入るぐらい順当なメンバー構成になりました。そして1~2年生にも面白い選手がいます」(中野孝行監督)
 
 今回のエントリーは、4年生と3年生が各6人、2年生3人、1年生1人。「本当は21人ぐらい選びたかった」(中野監督)という中から選出された16人だけに、レベルは高い。

 ほかの箱根上位校に比べると、帝京大に入学してくる選手の実績は劣る。逆指名がほとんどない中で、中野監督は「悔しさを知っている選手」を中心にスカウトしてきた。そして、「小さいものの積み重ね、たゆまぬ努力をすることで、上級生になればなるほど力を発揮できる」と、例年、上級生が中心のチーム構成になっている。

 高校時代に全国トップクラスの成績を収めた選手がいないため、エースの育成には苦労してきた。前回の箱根は2区が区間14位、5区が区間16位。今季の出雲は3区と6区が区間ふた桁順位で、全日本も最終8区は区間11位だった。全日本は1区でも18位と出遅れているが、最終的にはシード権(8位以内)を確保している。帝京大はエース区間以外で勝負するチームなのだ。前回の箱根は10区で星が、出雲では5区で小野寺悠(3年)が区間賞を獲得するなど、随所で王者・東海大を凌駕する走りを見せている。

 前回5位のメンバーが7人残っているが、中野監督は区間を限定するタイプではなく、前回から大幅にシャッフルする可能性が高い。2区は主将・岩佐と前回10区で区間賞の星が希望しており、5区は前々回に区間8位で走っている平田が候補か。

 前回、3区で8人抜きを演じた遠藤大地(2年)は全日本を欠場したが、再び3区で快走を見せてくれるだろう。前回6区で区間5位だった、1万m帝京大記録保持者の島貫温太(4年)、前回9区で区間3位の小森稜太(4年)、セブンヒルズ15kmロードレースで遠藤に先着した中村風馬(2年)らも往路メンバーの候補に挙がる。

 前回は5区で区間16位に沈んだ小野寺は、8区を希望。今季は5000mで13分台に突入すると、出雲5区で区間賞。11月17日の上尾ハーフでは帝京大記録を10秒更新する1時間2分03秒をマークしている。箱根では小野寺の入る区間が攻撃ポイントになりそうだ。

 今回は東海大、青学大、東洋大、駒大、國學院大が”5強”と言われているが、選手たちは「総合優勝」を目標に掲げている。中野監督はというと、「ウチは6番手以下なので、隙があれば一角を崩したい。往路はタイム差だと思うので、往路で好位置につけて復路でかき乱したいと思っています」と話す。

 中野監督は倒産、廃部によって実業団チームのコーチ職を2度も追われた”苦労人”。そのせいか、「日本一諦めの悪いチームにしたい」という気持ちを持っている。そして駅伝は快走よりブレーキのほうが順位に影響を及ぼすため、「負けを小さくすること」を徹底してきた。それが”帝京大らしさ”につながっている。

 学内には、サッカー選手の本田圭佑と業務提携したスポーツ医科学センターがあり、サポート体制も整っている。中野監督は第100回大会(2024年)で優勝するというプランを描いており、そのための準備を着々と進めている。

 今回も総合力を考えると、2区終了時で好位置につけることができたら、過去最高の4位を上回るトップ3入りも十分に可能だ。復路では間違いなく強さを発揮するチーム。5強がモタモタすると、帝京大が一層不気味な存在になってくるだろう。