[Bellator × RIZIN 対抗戦をDAZN for docomoでライブ中継]

 年末の風物詩、格闘技イベントが今年も繰り広げられる。令和元年の締めくくりに用意されたマッチアップは、往年の格闘技ファン感嘆のカード。「人類最強の男」とも呼ばれた、あの皇帝・ヒョードルが帰ってくるのだ。

大晦日は5年連続となる「RIZIN」が開催され、神童・那須川天心などが年末を彩る。そのRIZINとアメリカのMMA(総合格闘技)団体Bellator(ベラトール)の合同興行となる「BELLATOR JAPAN(ベラトール ジャパン)」が12月29日に行われ、2000年代の格闘技ブームを牽引した皇帝ヒョードルが参戦する。

平成と令和、世紀を超えたマッチアップについて、RIZIN CEO榊原氏に話を聞いた。

・今すぐ読みたい→
RIZIN CEO榊原氏がBELLATORとの全面対抗戦の見どころを熱弁「堀口恭司のせいで…(笑)」(https://cocokara-next.com/athlete_celeb/nobuyukisakakibara-interview-02/)

日本の格闘技の変遷を振り返る世紀のビッグマッチ

—日本初上陸となるBELLATOR JAPANの見どころを教えてください
「今のRIZINが2015年の年末から始まって丸4年。最近では堀口恭司や那須川天心、朝倉兄弟(朝倉未来・海)が活躍する姿をテレビ放送で見てファンになってくれた若い世代が増えましたね。とても嬉しいことです。だけどそういう若い人たちは、今から15年くらい前の日本にとてつもない格闘技ブームがあったということを実体験として知らないんです。なので、今回12月29日のBellator初の日本大会、(エメリヤーエンコ・)ヒョードルのラストマッチをきっかけに、日本の格闘技の歴史・変遷を振り返ってもらう機会になったらいいなと思っています。10代20代の若い格闘技ファンにも、自分が愛してやまない堀口恭司や那須川天心とは異なる魅力、サイズも色気も違う格闘技の世界を体感してもらいたいですね」。

—2000年代の格闘技ブームを象徴する選手であるヒョードルが出場します
「今でもはっきり覚えていますが、ヒョードルが初めてRIZINの前身となるPRIDEに出てきたのが2003年。セーム・シュルトと対戦して判定勝ちをしたのですが、最初はそこまで活躍する選手とは思わなかったです。日本語が話せるわけでもないし、キャラクター的にはどちらかといえば地味な選手でしたからね。ヒョードルはもともとサンボのロシアチャンピオンで、それでいて圧倒的な打撃力もあり、試合をする度にヒョードルのすごさに魅せられていったんですよ。見たことのないようなパンチだったり、全力で飛んできて殴るとか。彼の一つ一つのパフォーマンスがあまりにも卓越していて、ファンの心をガッシリと掴んでいきましたね。ヒョードルは対戦相手を選ばなかったですけれど、全盛期は誰がこいつに勝てるんだと、相手が戦うことを怖がっていました」。

—印象的なエピソードはありますか?
「2004年にケビン・ランデルマンと対戦した試合ですね。開始早々にヒョードルがスープレックスを食らうんですよ。頭から垂直にマットに叩きつけられて、僕はリングサイドで見ていたので、『終わった…』と青ざめました。それくらいすごい衝撃でした。なのに、何事もなかったかのように受け身をとって、逆にケビンを一蹴してしまうんです。バケモノですよ(苦笑)。ヒョードルは攻撃力もそうですけど、ディフェンス面でもフィジカル全体が強いです。トレーニングは、トラックの大きなタイヤを回したり、ハンマーを振り下ろしたり、すごく原始的ですけどね。アントニオ猪木さんの闘魂棒に通じるものがあります(笑)。そういったトレーニング方法含め、彼の雰囲気やファイトスタイルなど、知れば知るほどヒョードルという選手のミステリアスな部分にみんなが魅せられていきましたよね。そういう選手が日本のPRIDEに出てきて一気に覚醒して、そこからPRIDEの全盛期を作る立役者の一人になりました」。


—PRIDEからアメリカ、世界へと活躍の場を移しました
「ヒョードルという選手は、強さとミステリアスなキャラクター性があり、それでいて試合にハズレがない。チャンピオンでありながら真っ向勝負するので、圧倒的に勝つか、負ける時はあっけなく負ける。だからこそ、アメリカに行ってもロシア人でありながらすごく評価をされている選手です。それはやはり、彼のファイトが圧倒におもしろくて強く、かつベビー級の選手であるということが、世界でもウケたのだと思います。PRIDEがアメリカ・ラスベガスに初進出したのが2006年の10月で、その時のメインイベントがロシア出身のヒョードルと、アメリカ出身のマーク・コールマンのリマッチでした。アメリカのファンからヒョードルに対してブーイングが起こるかなと思っていたのですが、驚くことにアメリカ人がヒョードル・コールをしているんですよ。当時は今みたいにインターネットで簡単に情報を入手できないのに、ヒョードルの強さを認め熱狂し、声援を送ってくれている。母国での一戦なのに、ヒョードルにボコボコにされているコールマンとしてはやりきれないですよね(苦笑)」。

—今年の6月に行われた堀口恭司とダリオン・コールドウェルのBellator世界バンタム級タイトルマッチの時も、最初はUSAコールでしたが途中から自国のコールドウェルに対してブーイングが飛んでいました
「アメリカのファンと日本のファンは格闘技を見る目が肥えています。いいものを見抜く力が養われている。アメリカのファンも、映画の『ビヨンド・ザ・マット』じゃないけれど、リング上で起こることだけではないドラマとか、試合の意義を見るようになっているように感じます。もちろん、勝ったか負けたかという結果が全てというところもあります。激しくハードに人が人の顔を殴り合うのですから、非日常的で人を興奮させる刺激物ではありますけれど、でもその魅力だけではこのスポーツはメジャースポーツになれないと思っています。そこを掘り下げて行くことが、僕らとしてもテーマだと考えています」。

—格闘技を通して伝えたいことはどんなことですか?
「格闘技の魅力は、どっちが強くてどっちが弱いだけではなく、一人の男同士の人間ドラマ。そこのドラマに魅力があるということをアメリカのファンに届けたいと思って、それこそヒョードルとコールマンをマッチメイクしました。コールマンはアメリカという誇りを胸に、絶対的王者・皇帝ヒョードルにアメリカの地で立ち向かい、それを娘たちが見守るというストーリーを描いていたんですけどね。実際は観客がヒョードルに魅せられてしまうという、予定外のストーリーになりました(苦笑)。でも、すごくドラマチックな試合でしたね。試合後、コールマンは負けて血だらけなのに、リング上に娘を上げてハグをしたんです。アメリカの記者からは『何で娘をリングにあげるんだ。子供たちに見せるべきではない』と言われましたけど、僕らとしてはまさにそれが見せたかったものでもあります。選手たちそれぞれに家族がいて、守るべきもの、愛すべきものがいる。ただただ無慈悲に殴り合うのではなく、戦う姿を見て欲しかった。戦う父親の姿はかっこいいって」。

ヒョードルのラストマッチはRIZINでは見たことのないスケール感


—ヒョードルのラストマッチでは、どこが見どころになりますか?
「今回、ヒョードルが最後にBellatorと3試合契約をして、そのうち1試合を日本でやりたいと言ってくれたんです。日本でのラストマッチとなる、クイントン・ランペイジ・ジャクソンとの試合も、絶妙なマッチメイクですね。ファイトスタイルが似ている選手で、初めてのマッチアップ。2001年のPRIDEで、クイントンと桜庭和志の一戦は最高におもしろくて、あんなにスリリングな試合はないってくらいでした。そんな日本の格闘技ブームを築いた両選手が、日本で最後を迎える機会が期せずしてやってきたんです。これは僕らだけの力だけではできなかったすごいことで、Bellatorのスコット・コーカー代表の粋な取り計らいのおかげです。ヒョードルも、自分が成長できたPRIDE時代の地で最後に試合がしたいという気持ちがあり、奇跡的に12月29日さいたまスーパーアリーナが実現しました。ヒョードルとクイントンのラストマッチは、間違いなく今の格闘技ブームの中でファンになった人にも、すごいものを見せてくれるはずです。それは、今のRIZINの舞台でまだ見たことのないようなスケール感と深みのある世界。スピードも迫力も、軽量級の選手では醸し出せないファイトを見せてくれます。PRIDE時代を支えてくれたファンたちには、その時代を思い出す、エモーショナルな試合となると思います」。

—大晦日には「RIZIN.20」も控えています
「12月31日の『RIZIN.20』ももちろん見て欲しいですけど、どっちが重たいかというとBELLATOR JAPAN(笑)。いろいろな意味で重たくて、テーマがあって、二度と見られない可能性が高い選手たちが出場するので。新旧格闘技ファンに、この歴史的な瞬間に立ち会って欲しいですね」。

時代と団体を越え、多くの人の熱意で実現したビッグマッチ。日本初上陸となるBELLATOR JAPANは12月29日に、DAZN等で配信予定。

[Bellator × RIZIN 対抗戦をDAZN for docomoでライブ中継]

※健康、ダイエット、運動等の方法、メソッドに関しては、あくまでも取材対象者の個人的な意見、ノウハウで、必ず効果がある事を保証するものではありません。

[文/構成:ココカラネクスト編集部]

・今すぐ読みたい→
RIZIN CEO榊原氏がBELLATORとの全面対抗戦の見どころを熱弁「堀口恭司のせいで…(笑)」(https://cocokara-next.com/athlete_celeb/nobuyukisakakibara-interview-02/)