全日本選手権で初優勝した紀平梨花

 紀平梨花(17歳)は大忙しだった。会場をどよめかせる高得点を叩き出し、全日本女王になった後、西へ東へ走り回っている。フラッシュインタビューを受け、表彰台に立って授賞式、再びテレビのインタビュー、さらに記者たちの囲み取材、そして公式記者会見に出席し、フォトセッションをこなし、記者からの質問を再び受けた。

 しかし新女王は澄ました表情で、少しも苦にならないようだった。

「あ、でも、爪が……」

 取材エリアで、首に下げた金メダルを手に持ってかざし、カメラに向かってポーズをとる時だった。そう呟いたと同時に、一度控え室に戻り、肌色の手袋をつけてきた。大胆だが、細心なのだろう。金メダルを顔の横にして、口の端を上げた。

「すごく調子は悪かったんですが、これはもう”爆笑しておこう”って思って。最後はポジティブに気持ちを持っていけたと思います。すごい不安で、ずっとビクビクして過ごしてたので、全日本優勝はすっごくうれしいです!」

 紀平は、素直に喜びを表現した。

 12月21日、代々木第一体育館。全日本選手権、女子フリースケーティングでショートプログラム首位の紀平は最終グループ、最後滑走だった。

 最終グループは6分間練習から、どこか不穏さを漂わせていた。宮原知子、坂本花織のジャンプがいまひとつ決まらない。全日本特有の緊張感なのか。紀平も、決して万全ではなかった。

「4回転サルコウを入れるかどうか、6分間練習まで迷っていましたが」

 紀平はそう言って、こう続けた。

「6分間で、トリプルアクセルの調子が悪かったので、アクセルに時間かけたくて。4回転を跳ぶ時間がなかったです。そこで4回転は入れないことにして。その代わり、(高得点になる)トリプルアクセル+3回転トーループを入れたいって思いました」

 そして会場では波乱が起きていた。SP2位の宮原、3位の坂本が相次いで点数を出せず、紀平の番になった。優勝条件は下がって、4回転を入れられる余裕が出た。

「ちょっと前に、(滑った)ふたりがいつもの歓声とは違っていたので、動揺したところはあったんですけど。自分は集中して、(演技を最後まで)あきらめずにやろうとだけ考えて。周りの声や音に惑わされないように。1位になる点数は下がったので、ちょっと(4回転を)やりたいな、という気持ちも出ました。でも、決めたことは決めたこと。変更すると、またミスが出るし、自信がある構成で最高の演技をするべきだと思いました。急に考えを変えたりすると、どうなるかわからない」

 そして、紀平は高い精度の演技を見せた。冒頭の3回転サルコウを決めると、伝家の宝刀とも言えるトリプルアクセルと3回転トーループの連続ジャンプも成功。そして3回転フリップ、トリプルアクセル、3回転フリップ+2回転トーループ、ダブルアクセル+2回転トーループ+2回転ループ、最後の3回転ループとすべてのジャンプをきれいに降りた。ジャンプだけでなく、スケーティングスキルなども高得点で、芸術性も高かった。

 155.22点は2位以下を引き離してのトップで、独走に近い形で優勝を決めた。

「(全日本は)まだ優勝していない大会で、ひとつも(ミスして)外したくなかった」

 紀平は言う。

「ただ、朝(の公式練習)は調子が悪かったので。本当にジャンプがすぽっと外れて、パンクが多かったり。とにかく集中って。どのジャンプに対してもこのジャンプだけ、って気持ちで跳んでいました。(緊張から3日間)お昼寝はできなかったけど、(今日は)部屋を真っ暗にして少しは疲れも取れた感じで。睡眠のところも修正はできていたのは、これは収穫で成長につながると思います」

 そう語る新女王は達成感を滲ませながら、すでに次を見ていた。全日本優勝で、(3月の)世界選手権出場が内定。次はグランプリファイナルで敗れたロシア勢との対決になるのだ。

「4回転を入れたい気持ちは強くて、(今回入れられなかった)悔しさはもちろんあります」

 世界を狙う紀平は、4回転を組み込んでくるだろう。そしてもうひとつ使っていない武器がある。高得点が狙える3回転ルッツだ。

「ルッツは(ケガで)跳べていなくて。ただ、ダブル(2回転)からスタートし、毎日1本だったのを、3本くらいやりだしています。(2月の)四大陸(選手権)の頃までに入れられるように回復していたい。電気の治療やアイシングを怠らず、万全の状態で試合に挑めるように。そして、ルッツを入れてもアクセル(の精度)を落とさず、4回転サルコウを入れても、ほか(のジャンプの精度)を落とさずに。何度も練習して、すべてそろえられるようにしたいです」

 紀平は野心的に語った。世界女王を目指して大胆に、細心に――。束の間、全日本制覇の余韻を味わいながら。