全日本選手権のショートプログラムでは14位だった髙橋大輔

 2020年1月からのアイスダンス転向を表明している髙橋大輔が、全日本選手権でシングル最後のショートプログラム(SP)に出場した。3つのジャンプすべてが回転不足と判定され、最後の3回転ルッツでは転倒して得点は伸びず、65.95点の14位と出遅れた。

 今大会で全日本選手権は14度目の出場だが、過去最低の二桁順位となった。演技直後は、フィニッシュポーズから崩れるように両腕で体を支えて、リンクの上でしばらくうつむいて動かなかった。

「出来としては最悪かなというところです。ジャンプはこちらに来て調子が上がってきたけれど、不安があった。いい練習を積めていない結果がそのまま試合に出た。緊張からか、体が全然動かなかったので、パフォーマンスがうまくできなかったのが悔しいです」

 2005年の初優勝から数えて、全日本タイトルは通算5度も獲得している33歳。2014年のソチ五輪後に現役引退を表明したあとは、ニューヨークに語学とダンスのための留学をしたり、舞台の一員として活動したり、アイスショーに出演したり、試合の解説をしたりと、フィギュアスケートに関わりながらも、さまざまな活動に取り組んできた。

 昨季は4年のブランクを経て現役復帰を果たした。予想以上の滑りを見せて、昨年の全日本選手権は6年ぶりの表彰台となる2位だった。世界選手権代表に選出される権利はあったが、後輩に道を譲って辞退した。

 復帰2シーズン目の今季、アイスダンス転向を9月30日に発表。衝撃を受けたファンは多かったはずだ。その後、ファンは限られたシングル競技の試合をひと目見ようと願ったが、出場を予定していた11月の西日本選手権は、左足首を痛めて欠場。この全日本選手権がシングルスケーターとして最後の大会となり、しかも今季初戦というぶっつけ本番だった。

 SP『ザ・フェニックス』はアップテンポな曲調で、「世界一のステップ」を誇る踊りの名手がどんな演技をするのか、見どころ満載の挑戦的なプログラムだ。だが、ケガの影響による練習不足は否めなかった。あまりに激しい内容のプログラムであるため、通しの練習もほとんどしなかったという。

「このナンバーにして、後悔しています(笑)。アイスショーだと照明が当たったり、燃え上がったり、思い切り発散できるんですけど、試合となると失敗しないようにとか、レベルとかGOE(出来ばえ点)とかいろいろ考えてしまうので、なかなか乗りにくいし、乗り切れない部分があった。でも最後にこういうチャレンジができてよかったなと思います」

 この日のSPでは、冒頭の3フリップ+3トーループで2つ目のジャンプが回転不足を取られ、トリプルアクセル(3回転半ジャンプ)はステップアウトで着氷が大きく乱れた。そして、最後の3回転ルッツでは転倒してしまった。この結果、ジャンプ3本は全て回転不足を取られ、「世界一」と言われた最後の見せ場であるステップでは、疲労によって足が動かずに失速して、本来の輝きは影を潜めた。

「緊張感からか、自分の演技を見せることができなかった。うちにこもっている感覚があった。これが試合なのかなとか、全日本の緊張感なのかなと、途中で感じました。ダンサブルなナンバーだったので、体が動かなかったことで、リズム感とか迫力とかがすごく少なかった。もうすこしパワフルさやダイナミックさを見せたかったと思いました。『ザ・フェニックス』はパワフルな曲なので、それを体現したかったが、自分としてはできなかったかなと思います。

 最後のステップでは、気持ちとしてはまだまだ全然いけると思って、いけそうだったんですけど、足に来ちゃって、足がついてこなくて、『なんとか動いてくれ』と思ったんですけど……。緊張していたからか、練習がうまくいっていなかったからか、わからないんですけど、気持ちと体がうまくかみ合わなかったですね」

 技術点は出場30人中最下位の24.53点にとどまったものの、演技構成点の42.42点は羽生結弦、宇野昌磨に続く3番目の高得点だった。

「(演技の好評価については)自分としてはよくなかった。あと10年若かったらなと思います。(SPの結果)フリーに進めるので、フリーでは何とか挽回できればなと思います。試合としては、この全日本に立つことはすごく贅沢なこと。だから最後は思い切り、ひとりの体感を楽しんで滑りたいです」

 集大成のフリーは23日。プログラムは現役復帰した昨季にブノワ・リショー氏が振り付けた『ペール・グリーン・ゴースト』だ。これがシングルでのラスト演技であり、競技者としてジャンプを跳ぶ髙橋の見納めでもある。記憶に残る納得の演技を見せてほしい。