「いくら曇っていてもその上は青空。」

中央大学準硬式野球部の近野佑樹(1年)は野球をする上で大切にしている言葉がある。高校時代に味わった悔しさを力に変え、どんな場所でも前向きに取り組む。ボールは違えど、打者と対戦することに変わりはない勝負の世界。葛藤の先に描く未来、その輝きを記録する。