全日本学生室内選手権(インカレインドア)は本戦2日目を迎え、各種目の2回戦が行われた。男子シングルスでは田中優之介副将(スポ3=埼玉・秀明英光)と千頭昇平(スポ3=愛知・誉)、女子ダブルスでは清水映里主将(スポ3=埼玉・山村学園)・石川琴実(社1=神奈川・白鵬女子)組と下地奈緒副将(社3=沖縄尚学)・吉岡希紗(スポ1=三重・四日市商)組による早大対決が実現するなど熱を帯び始めたインカレインドア。この日の結果をもってシングルスはベスト8、ダブルスはベスト4が出そろった。

★千頭と田中の同士討ちは千頭に軍配。ダブルスは2組がベスト4へ(男子)


田中との同士討ちを制しベスト8へ進出した千頭

 男子シングルス2回戦で田中と千頭による早大同期対決がとなった。二人の直接対決は2年前のインカレインドア決勝以来であり、その際は田中が勝利を収めルーキーで学生王者に輝いた。しかし、今回の対戦では千頭がその雪辱を果たすかたちとなった。フルセットの末、6-2、4-6、6-1で千頭が勝利を収め、ベスト8へと進出した。

 白石光(スポ1=千葉・秀明八千代)、藤井颯大(スポ3=京都・同志社国際)はストレートで勝利を収めベスト8入り。木元風哉主将(社3=埼玉・早大本庄)は羽澤慎治(慶大)に屈し2回戦で敗退となった。白石は全日本学生選手権2位の山尾玲貴(関大)と、藤井颯大は羽澤と準々決勝で対戦する。


木元・田中組は快勝でベスト4へ。大会連覇へ向け視界良好だ

 男子ダブルスへ臨んだ2組はいずれも勝利し、ベスト4入りを決めた。木元・田中組は6-4、6-1のストレートで平川暉人・山中瑠樹亜組(関大)に快勝。大会連覇、そして3度目の学生王者へ向けて好調を維持している。橋川泰典・中村悠人組(日大)と対戦した安上昂志(スポ4=福岡・柳川)・丹下将太(教1=東京・早実)組も6-3、6-2で完勝。「最低でもベスト4には入りたい」(安上)というペアの第一目標は達成したが、ここで満足はしていないはずだ。「学生大会初優勝を目指して頑張りたい」と安上。ここからは強敵との戦いとなるが、安上は学生最後の大会で悲願の初タイトルを掲げることができるだろうか。

★清水がベスト8へ進出。ダブルスでは早大の1、2が激突(女子)


松本は吉田(明大)に対し接戦を演じたが、一歩及ばなかった

 女子シングルス2回戦には清水と松本妃那(スポ2=福岡・柳川)が臨んだ。松本は吉田明日香(明大)と対戦。ファーストセットをタイブレークの末に制したが、続くセットを3-6、5-7で落とし、逆転負け。予選から勝ち上がってきた松本の挑戦は2回戦で幕を閉じた。清水は千村もも花(筑波大)に対しファーストセットを7-5、セカンドセットを6-4と接戦を制しストレートで勝利。早大の女子シングルスで唯一のベスト8入りを果たした。


早大対決は清水・石川組に軍配が上がった

 女子ダブルス準々決勝は清水・石川組と下地・吉岡組の早大対決が実現。清水・石川組はダブルス1、下地・吉岡組はダブルス2として今季の早大をけん引してきたこともあり「リーグ期間中は毎日のようにゲーム練習をしていたんですけど、どっちが勝つかわからない状況でした。手の内もお互いわかっている」(吉岡)という両ペア。だが、試合は1回戦で好パフォーマンスを見せていた清水・石川組に分があったか。ファーストセットを奪った清水・石川組がセカンドセットもタイブレークの末に制しストレート勝ち。夏関優勝、三菱全日本選手権ベスト4と勢いに乗っていた下地・吉岡組を抑え、清水・石川組が準決勝へと駒を進めた。

(記事 林大貴、写真 早大庭球部・佐藤祥次氏)


結果

男子シングルス
▽2回戦
◯白石光 [6-1、6-3]  成耀韓(慶大)
◯千頭昇平 [6-2、4-6、6-1]  ●田中優之介
◯藤井颯大 [6-1、6-1] 蓮見亮登(明大)
●木元風哉 [3-6、2-6] 羽澤慎治(慶大)


男子ダブルス
▽準々決勝
◯安上昂志・丹下将太 [6-3、6-2] 橋川泰典・中村悠人(日大)
◯木元風哉・田中優之介 [6-4、6-1] 平川暉人・山中瑠樹亜(関大)


女子シングルス
▽2回戦
◯清水映里 [7-5、6-4] 千村もも花(筑波大)
●松本妃那 [7-6(6)、3-6、5-7] 吉田明日香(明大)


女子ダブルス
▽準々決勝
◯清水映里・石川琴実 [6-3、7-6(0)]  ●下地奈緒・吉岡希紗