「競技を語れるアスリートになりたい」

バドミントンと真摯に向き合う。学生チャンピオンに輝いた筑波大学の香山未帆は練習で自らの課題から決して目を背けない。なぜできないのか自問自答を繰り返し、論理的に正解を導き出す。学べる環境に感謝し歩み続ける原動力、その輝きを記録する。