今回の近畿地区大会で女子優勝に導いた丸尾幸弘監督率いる相生学院高等学校の主将の穴田琴音(あなだことね)選手とS1の木本海夢夏(きもとみゆか)選手にインタビューを行った。

●主将 穴田琴音さん

Q:優勝の原動力は何でしたか?

「チーム全員の団結力と、関係者の応援の力です」

Q:チームのキャッチフレーズ(目指していること)を教えてください。

「男女アベック2連覇、女子4連覇を目指しています」

●S1 木本海夢夏さん

Q:S1の選手として一番得意なショット・プレースタイルは何ですか?

「自分からラリーしていく中で展開を早くして、積極的に攻めていく事です」

Q:S1としてチームにどのように貢献していきたいですか?

「自分が1番最初にコートに入るので、声を出して気合いを入れてチームを盛り上げていきたいです。そして良い流れで次の試合に繋げていきたいです」

相生学院高等学校の女子テニス部の皆様、女子4連覇を目指して頑張れ!

全国選抜高校テニス大会 チーフアドバイザー宮崎愛伎代

※写真は相生学院高等学校の皆さん(©全国選抜高校テニス大会実行委員会)